« December 2005 | Main | February 2006 »

January 2006

パラダイス???

天候が崩れたり,体調が崩れたり,飲んだくれたりして2週海に通うことを怠っていた(^^;)

今週末こそは海に行くぞ・・・って思っていたところに携帯の着信音!○△島へのお誘いメールに,即答!
「行きます!」
すぐさま,ウキウキしながら釣行の支度をするMEBARU-Yであった。

翌朝4時過ぎに集合し,いざ出発!
いつものように,行きの車中では「大きな期待」が「大きく膨らむ」(~o~)
そして,ポイント到着。
この頃になると,大きく膨らんだ期待感でウズウズし,ポイントまで歩くスピードが無意識に速くなる・・(^^;)
すぐさま,ロッドを振る!が・・・・アタリは無い。この時点で大きく膨らんだ期待感はショボショボとしぼみ,平常心に戻る。キープも無しで,ポイント移動。

さあ,キープできるメバルを釣るぞ!
と,気合いを入れて・・・ん?お腹の調子が・・・。ロッドを3度ほど振ったところでトイレに(~o~)
どうもリズムに乗れないなぁ。
さてと気を取り直して!・・・って思ってたら,同行したさ~ふさんたちも戻って来た。釣れないらしい。

ありゃま,こりゃ今回も苦戦かも。
早々に第2ポイントもあきらめ,はじめのポイントをもう一度攻めることにした。私のロッドは・・・曲がらない・・・。しかし,隣のロッドは曲がってる! (@_@)// ど,どうして?! いろんなパターンを試しているとガツンッ!良型メバルをゲット!(^_^)v  さあ,これからだ!

・・・・
・・・・
・・・・終了。 1匹キープしただけでこのポイントはおしまい(^^;) リズムに乗りきれない私であった。

第3,第4ポイントとラン&ガン。
サイズは今ひとつだが,しっかりアタリを捕らえロッドを小気味よく曲げているさ~ふさんを横目に・・・依然パターンがつかめずリズムに乗れない私である。

第5ポイントにいたっては,さ~ふさんのワンマンショー!
ザ・入れ食い!
私は,強い風に戸惑いながらロッドを振るものの,どうも思うように釣れない。キャストし糸ふけをとり少し待って・・・ゴンッ! なるほど!!!!!こ,これだ! このパターン! って思ったら何故かアタリは遠のいた。ジアイの終了である(^^;)

さてさて,釣れない時間帯に入り,まったりと時間は過ぎる。我々もまったりと時間を過ごす。釣行時に食べるカップ麺は格別に美味い!鋭気を取り戻し,夕メヅメ勝負に!

夕マズメのポイントは,期待感が大きいあの場所だ!
数投目でガツンッ!
(^O^) やったね! いい引きしてるゾ! よしよし・・・・・・・グッ・・・・・・ありゃま,根に入っちゃった(*_*) 
その後,アタリもなく1人少し離れたポイントに移動。その第1投目でガツンッ!(^O^) ポイント移動大成功!このメバル君もなかなかのファイト!でかいぞ!よしよし・・・・・フッ・・・・・・・ラインブレイク(*_*) どうもリズムに乗りきれない。

その後,アタリもなく太陽が次第に西に傾き・・・そろそろ釣れてもいいのだが・・・。・・・・釣れない・・・。今回もこのまま・・・・。と時間だけがゆっくりと過ぎていく。太陽の姿が完全に隠れて少し薄暗くなった時。
ガツンッ! (^O^) 今度こそ!

根に入られないように締めたドラグがジ,ジッと・・・なかなかの良型である。上がってきたのは23センチのメバル君。大きさ以上のファイトを見せてくれた。
mebaru0128その後,入れ食いとまではならないが,退屈しない程度にアタリが続き楽しませてくれる。やがて,ライトが必要になってくる頃にアタリが止まった。そして,その後,釣り人の気力も止まり(^^;)納竿とした。
14~23センチまで16匹。

| | Comments (1)

因島市最後の日

2006年1月9日(月)
今日は,因島市最後の日。10日(火)明日からは尾道市に吸収合併。今日は,因島市民会館にて「因島市閉市式」なるものが執り行われた。いよいよ最後の時である。

この世に生まれて,四十数年間この島,この市で育ち,仕事もし・・・。約半世紀を因島市で過ごしてきたと思うと何かしら感慨深いものを感じる。とりたてて,この因島市に貢献したわけでもない私だが,胸の内には「郷土愛」なるものが存在するようだ。やはり,因島市が無くなるのは寂しい。

平成の大合併云々・・・都会に住む指導者の戯言と思いつつも現実として具現化されると少々戸惑いも感じる。さして大げさに思うほど,実生活に変化はないかもしれないが,これからじわじわとその変化(変容?)を感じるのであろう。

去りゆく「憂い」に浸り,不安がるばかりではおもしろくはない。新市に期待をせねば・・・って何を?(^^;)
あと数時間で我が友,ひーくん,さ~ふさんと同じ「尾道市民」となる記念すべき日である。「しまなみお笑い軍団」の明るい未来を期待しよう(~o~)

「因島発 芸予諸島雑魚釣り日誌HP」は「尾道発」にはならず,今後も現状維持で続けていこうと決心した2006年1月9日であった。
チャンチャン。

| | Comments (1)

しまなみ遠征

1月8日(日)
さ~ふ氏,めばっち氏,友人N氏を迎え,しまなみ遠征を決行!
年末年始,ムラはあるもののそれなりの釣果が期待できるポイントを中心にラン&ガンの予定で出発。いつものことながら,期待を大きく膨らませながら車を走らせる。この期待が大きすぎて,その分大きく沈み込むことしばしば(^^;)
さて,今回の釣行は?!

まずは,第1ポイント。
今回のメインである。
トロンとした潮の動き。ここはこんな感じがいいハズ...........。期待を込めて,希望を込めて,欲望を込めてキャストぉ~!

・・・・・・・・・・

ん~・・・当たらない(~o~)

・・・・・・・・・・

数投目に,ゴソッ!っていうアタリ\(^O^)/
小気味よくロッドが弧を描き,ずっしりとした手応えが!うひゃっ!20センチオーバー間違いなし!!喜び勇んでリールを巻き巻き・・・・さらにずっしりとした手応えに(?_?)ん?ゲ,ゲッ!ガラ藻がメバルを絡み取ってしまった(>_<)

以後,アタリは遠のき・・・小メバルが数匹。
キープ0のまま時は過ぎていく。無理矢理14センチメバルを1匹キープし,「呼び水」ならぬ「呼び魚」としてメバルバッグに入れる。が,しかし,その後キープの数は増えることなく納竿。

同行の強者たちは,それなりのお土産を確保しているもよう。さすがである。
いやはや前回の釣行に続き,厳しい釣況だった。前日同じポイントに釣行したあのお方が全部釣り上げてしまったのか(~o~)

さてさて,我が家の虎の子の1匹。少し遅い朝を迎えて,とりあえず写真撮影でもと思っていたら,すでに3号のお腹の中に消えていた(^^;) よって今回は釣果画像は無し。
さ~ふさん,めばっちさん,Nさん,お疲れ様でした。
これに懲りず,またご一緒しましょう!

| | Comments (0)

2006年初釣り

「因島発 芸予諸島雑魚釣り日誌」にお集まりの皆様,あけましておめでとうございます!
2006年も昨年同様,どうぞ,どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

1月3日。
2006年最初の釣行。ここ最近,朝早くからの釣りやデイゲームが主流のMEBARU-Y。マジで気合いを入れなければ朝まで体力・気力がもたないゾ。しっかり気合いを入れて!!!

ひろにーさん,ゴンちゃん,kokintaさんをゲストに迎え,いざ出発!しまなみ海道をひた走り,狙いのポイントに到着。すぐさまスタートフィッシング!意気揚々とロッドを振る・・・・・ものの・・・・アタリは・・・・(?_?)・・・・無い。

んま,まだ一つ目のポイントだし・・・移動だっ!ポイント移動し,再びロッドを振る・・・・・・・・・・あれ?・・・・・・・・・移動だっ!
再びロッドを・・・・(>_<)

数カ所のポイントでロッドを振れども,アタリは無い(-_-;) 「こんなこともあろうかと・・・。」という予想以上の撃沈モードである。午前3時頃までほとんどノーフィッシュ。16センチのメバルとアジを1匹無理矢理キープしただけなのだ。

suzuki0601035カ所目のポイントでゴンちゃんがアコウ(22,3センチくらい)をゲット!メバルもポツリ。そして,続けて2匹目のアコウを(@_@)// お,すげっ! これから爆釣?!そう思っていたら私のロッドに違和感が・・・キュッっと合わせるとドラグがジィーーーーーーーーーーーーーー。セイゴだ。とりあえず,魚の引きを楽しみ,ひろにーさんにギャフで取り込んで頂いた。とりあえず,とりあえず肴の確保はできた。しかし,我らはメバルを釣りに来たのだ!

最後の頼みの綱。最終ポイントへ移動するもののアタリはない(-_-;) このままこの釣行は終了か。
kokintaさんの様子はどうかと見に行くと・・・「今,3連発です。」おっ!これからジアイか?!すかさずロッドを振りスローで巻き巻き・・・コッ! 微妙なアタリだ。しかし,迷わず間髪入れずそのアタリに合わせてロッドを煽る!ジ,ジィーーー・・・ドラグが小気味良い音を立てる。トルクフルな引きが伝わってくる。う~ん(*^_^*)これを待ってたんだ。

が,が,がっ!手前のガラ藻が(>_<) 苦労の末ヒットしたメバルを絡み取ってしまう・・・そ,そんなぁ。
よし!こうなれば,強引に引っこ抜いてやる。再びキャスティングし,アタリをとる。のったぁ~!ドラグを強めに締めて強引に巻き巻き巻き巻き・・・。

mebaru060103(^_^)v  やったね。
20センチオーバーのメバルゲットである。
2006年初の良型メバル。
その後,ガラ藻との壮絶な戦いの末,なんとかおかずになる程度はキープ。このポイントの攻め方がなんとなくわかってきたところでアタリは止まる(^^;)  そして,納竿。
とりあえずは,釣果らしきものがあっただけ善としよう。今回,圧巻だったのはkokintaさん。さすがに上手い。今回の釣行で一番の釣果をあげていた。わたしは,16~23センチのメバル7匹,53センチのハネ1匹という釣果であった。

さてさて,このポイント。潮,時間etc.条件が合えば高いポテンシャルを秘めている。
今シーズン,また再チャレンジすることを誓い家路についた。
ひろにーさん,ゴンちゃん,kokintaさん,お疲れ様でした。

| | Comments (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »