« February 2006 | Main | April 2006 »

March 2006

サーベリング デビュー!

また一つ深みにはまってしまった・・・・(^^;)

以前からお誘いを受けていたサーベリング。メバル釣りで十分満足している私。おもしろそうだとは思いつつ・・・。メバルの不漁が続いていた先月に再びお誘いを受け,一度やってみることに・・・っていうのが深みにはまる第一段階。

はじめはタックルを貸してもらってやってみようと思っていた。しかし,どうせやるのならリーズナブルなロッドとリールを手に入れて自分の道具で釣ろうと思ったのが,第二段階。

道具選びを始めて,いろいろなロッドやリールを見たり,師匠からの情報を聞いたりしているうちに「ブルーバッカー」というdaiwaのロッドとリールがいいような・・・って,思わず注文を入れたのが第三段階。

どうやらジギングとやらは,メタルジグっていうやつを用意しなくてはならないらしい。で,どんなメタルジグがいいのか・・・師匠に釣具屋さんツアーに連れて行ってもらい,いろんなメタルジグを見て「コレクション魂」に火がつきそうなのを我慢する私。エギングを始めて,エギがコレクション化したように,メタルジグも・・・恐ろしや。これが第四段階。

rod0325そして,注文したロッドとリールが到着。ロッドにリールを装着し,未知の釣りをシュミレーションしながらニタついて眺める私。これで,ほぼ完全に深みにはまってしまった様な気がする。まだ,一度も釣行していないのに(^^;)そして,計画から1ヶ月あまり。いよいよ釣行の日がやってきた。完璧に深みにはまった私の釣行である。

釣行前日から,ドキドキワクワク。遠足の前日の子ども状態。とにかく,1匹を釣り上げることが当面の目標。未知の釣りへの不安と期待が交錯する。

mebaru0325船に乗り込み,まずはメバルのポイントへ?! えっ?!メバル?って思うだろう。そう,どうやら前日までここ最近,太刀魚の食いが悪く釣れていない状況なのだそうだ。そこで,お土産確保のために,メバルでも・・・ってことになったのだ。ま,これはこれで,大歓迎である。いよいよNEWロッド&リールのデビューである。20号のオモリにサビキ仕掛け。仕掛けを落とすと間もなくメバルのアタリ。すぐには上げず,誘いをかけて追い食いをさせる。そして,リールを巻き巻き。サビキ仕掛けに鈴なりになってあがってくるメバル(^O^) おいおい,釣れすぎ!とは言えサイズは(~o~) ち,小さい。15~18センチ。ま,それでも入れ食い。これはこれで楽しいが・・・やはりサイズが欲しい。間もなく,4人で260匹以上。サーベリング用のNEWロッドで初めての獲物が太刀魚じゃなくてメバルって言うのも私らしいかも(~o~)

さてさて,お土産もできたし,いよいよ本命に!
サビキ仕掛けからメタルジグに変更し,準備完了! 「GO!」のサインに仕掛けを落とす。水深90m。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
って,どうやって釣るの? そう言えば,わたしゃ釣り方知らんぞ(*_*) んーーー,マネをするしかない。同行した3人のロッドの動かし方,リールの巻き方を見ながら,まさに見よう見まね。と,突然グインッ!ロッドが撓りリールにトルクがかかる! 第1投目である!!! やったね!!! こんに簡単に・・・。リールを巻き巻き。そんなに大きな手ごたえではないが・・・・おっ!あがってきたぞ! ん?この魚、色は同じようだが長くないぞ。いわゆる愚痴じゃなくてグチって魚(^^;)  メバルの次はグチかぁ。このロッドでは,太刀魚は釣れないのかなぁ(~o~)

taisyuu-325さてさて,気を取り直して。第2投! 90m着底。グイグイッ!ってしゃくった後,リールを巻き巻・・・き・・・ガツンッ! うそっ!またアタリ!!しかも今度はでかそう!ロッドを煽り,リールを巻き巻き,巻き巻き。ガツン,ガツンッ,ゴン,ゴンッ,と手応え満点。底へ底へと突っ込んでいくような引きだ。こ,これが太刀魚の引きかぁ。強烈である。 師匠曰く「しめ込むような引きをしますか?」 しめ込む? いや,ちょっと違うような・・・。船長曰く「昨日真鯛もあがっとるけんね。真鯛だったらタモですくってあげる。」 えっ?鯛?さてさてどちらだろう。ま,どっちにしても嬉しい初物。90m底から巻き上げるのは,かなりきつい。PEラインの色がやっと最後の10mを示す。そして,水中に魚影が見えた! 赤い! (^_^)v  デカイ!  (^_^)v
56センチの見事な真鯛であった! (^_^)vやったね(^_^)v

にしても,2投で2匹。すごいじゃん!しかし,本命は・・・・(^^;)
そして,そして,それ以来,しばらく私のロッドは曲がることもなく時間だけが過ぎていく。太刀魚の釣況が渋いといえども,我が師匠のロッドは度々曲がっているのに・・・。私と師匠の釣り方のどこがどう違うのか。アドバイスをもらいながら釣っているのだが。う~ん分からない。しかし,腕の差は明らか。真鯛で私の運は全て使い果たしたか・・・。

しばらくして,違和感を感じ,ロッドを煽ると心地よいトルク感がラインからロッドに伝わってきた。そして,しめ込むような引きが!なるほど,しめ込むような引き。このことなんだ。リールが巻けないくらいの強いトルクフルな太刀魚の引きは,思っていた以上に強い!あがってきたのは指4本以上ありそうな良型太刀魚。初の本命ゲットである。何となく,釣り方も自分なりに理解できつつ2匹目をゲット!サイズアップ(^_^)v

結局,午前中は本命の太刀魚は2匹のみ。
昼過ぎになり,釣況も思わしくないので昼食を。カップ麺に湯を注いでいると・・・船長曰く「おっ!魚探に反応が出てるよ。こりゃ釣れるよ。」  おいおい,カップ麺はどうするのよ(^^;) 「ま,わたしゃ,腹ごしらえが先だな。」と,カップ麺をすすっていると師匠のロッドが曲がり,同行した友人たちのロッドも・・・。ありゃま,カップ麺食べてる場合じゃないか。急いで胃の中に流し込み,参戦!

tatiuo0325パラダイス!時は来た!
ド素人の私にでもいとも簡単に釣れるパラダイスが! ザ・入れ食い! メタルジグを着底させ,リールを巻き巻き。そして,ぐんっ!とアタリ。 トルクフルな引きを楽しむ同行者たちは満面の笑!メタルジグを投入すると途中でラインが止まる。そう,フォールしているメタルジグをすでに太刀魚が食っているということもしばしば。サイズもいい。平均で指4本。前日までの渋い釣況がウソのようだと船長。

釣って,釣って,釣りまくる!持参した50リットルのクーラー二つに入りきらなくなる(^^;) それでも,まだ釣れる。指4本未満の太刀魚はリリース(~o~)  なんて贅沢な釣りだろう。 私は幸運のようだ。釣れるとはいえ,こんなに釣れることもないそうだ。何か良い行いをしたかな・・・そんな覚えはないのだが,まあ,釣れることは大歓迎である。日暮れまで,思いっきりサーベリングを堪能して納竿となった。これで,完璧に深みにはまった私である。

本日の釣果(4人)
小メバル260匹以上
グチ5匹
真鯛1匹(56センチ)
太刀魚100以上(平均指4本) 

さてさて,今度はいつ行きましょう。師匠?!

| | Comments (5)

釣り方忘れた・・・(^^;)

先月末から海が遠いような・・・・(~o~)
「行きたい!行きたい!」と,思いつつなかなか海に行けなかったので,「今週末こそは!」って思っているところにお誘いメール。ナイスタイミング!(^_^)v  仕事が少々遅くなり21時過ぎに出発。「しまなみ」のとあるポイント目指していざ!


いつものことだが,行きの車は意気揚々。爆釣の図を思い描きつつ車はひた走るのであった。


さてさて,厳選したポイントに着くなりロッドを振る!   が,  が,  アタリは・・・。このパターンって・・・・・・・・・案の定,大苦戦(*_*)  しかも,「すいません。」って睡魔に襲われる私。そんな寒いオヤジギャグと放射冷却で心も体も冷え冷え。 同行した若いお二人は元気なのに・・・。


日付が変わって,朝が近づいても私のメバルバッグに入る魚は・・・。ロッドを振らなきゃ魚は釣れないか(^^;) でも,ロッドを振っても10センチ程のメバルしか釣れないんだもん。もしかして,今回はきれいにボ●ズ?!


夜明け前の最後のポイントに移動。師匠はしっかりと良型メバルをゲットしている(@_@)// ど,どうして私は・・・・釣り方を忘れてしまったみたい・・・それでも睡魔を振り払いながらロッドを振り続けていると, ムンッ!(^O^) アタリだぁ~! 次の瞬間ロッドに大きなトルクがかかる。良型じゃん!(^_^)v よしよし,よしよし・・・あっ!(*_*)ガラ藻に入っちゃった・・・おっ!(^O^)出てきた!やったね!ラッキー・・・といいつつリールを巻き巻き,そして,とりこ・も・う・と・し・た・時・・・・・・バシャ! バレちゃった(*_*) 


mebaru0318気を取り直して・・・って,取り直す「気」もほとんど無いけど。がんばってロッドを振り続けていると,またまた,ムンッ!今度こそ!  やったね23センチ程の良型メバルをゲット!  続けてグッ! サイズアップの24センチ! そして,またしてもアタリが! 今度はガツンッ!って感じのアタリからグイグイとパワフルにロッドを曲げてくれる(^O^)間違いなく良型! よ~し,調子に乗ってきたぞ! が,しかし,ガラ藻に絡み取られラインブレイク。そして,私の運も気力もブレイク,潮も止まり,アタリも止まる。夜が明けてタイムアップ。

今回の釣果は・・・画像の2匹と・・・・あとは,ヒ・ミ・ツ(~o~)

| | Comments (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »