« April 2006 | Main | August 2006 »

May 2006

やっぱり海は楽し!

 このところ週末になると雨・・・(-_-;)
 今週末も遠征を企画したが・・・見事に雨。雨に負けず,強行しようかと思ったもののあまりに強い雨脚に遠征を中止。やれやれ,今週末も海には行けないのか・・・。


 しかし,実はもう一つ海へのお誘いを受けていたのだ。
 某日私の携帯からメール着信が!「土曜ナイトは?」ってスヤマ君からのお誘いだ。迷わず「行きます!」と即返信。そして,昨夜,今にも泣き出しそうな空を眺めながら,k船長の案内でスヤマ君,友人Nさんとともに某近隣の島へ上陸したのであった。


 さて,この島。スヤマ君が先月終わりに尺に数ミリ届かなかったというサイズのメバルをゲットしているのだ。しかも,今週半ばにk船長も同サイズをゲットしたらしい。そんな情報を入手し,お誘いを受け私はリールのラインを3lb に巻き替えて準備万端! いつでもおいで!!尺メバル!!!


 意気揚々と出発,そして,到着間もなくロッドを振る!  ・・・・・って,ここはどんなパターンで釣れるのか,海中はどんな様子になっているのか・・・手探り状態。釣りを始めて間もなく,k船長が25センチ級の良型メバルをゲット!(@_@) おおおぉ!いるいる。確かにここには良型メバルがいるのだ。しかし,釣り方が今ひとつ分からない。果敢に攻めの釣りを試みるが・・・根掛かりのオンパレード(~o~)  ジグヘッド撒き釣りか・・・メバルは喜びそうにないが(^^;) そのうちまぐれで23センチ程のメバルをゲット。後は続かず単発で終わる。


 あちらこちらのポイントをたたきながら時間は過ぎる。ポツリポツリとアタリがある。ポツリポツリだが良型メバルだから辛抱できる。25センチがらみなのである。少し潮の流れが変わったとき,メバルの活性があがり1つ・・・2つ,3つ連発!これまた25センチ級。プラグでも釣れるのかと試してみると,1投目からガツンッ! その後流れが変わるとともにアタリも遠のき・・・睡魔が襲ってくる。


Mebrusuyamaふと顔を上げると,スヤマ君のロッドが大きく曲がっている。なんだか大きそうだ。そ,そう言えば,今回は尺メバルをも期待している釣行。もしや,このロッドの曲がり方・・・・・しばらくして,水中に姿が見える。で,デカイ! 尺メバル?!最後は手づかみで取り込み成功!計測してみると29?29.5センチ? あと数ミリで尺。いやはやいいものを見せてもらった。


060528suzukiその後,数匹メバルを追加して帰路につく。 と,その前に「シーバスやってみます?」ってことで,とりあえずロッドを振ってみる。第1投目で友人Nさんがいきなりのヒット!50センチ程のシーバスをゲット!直後,私のロッドも大きく曲がる。上がってきたのは56センチの食べ頃サイズ。 お次はシーバスのナブラ!? ベイトを追ってシーバスが盛んに跳ねる!そこへルアーを投入! ガツンッ! ヒット! 今度は,Nさんが80センチ級,私も74センチのシーバスをゲット! スヤマ君は,私たちのサポート役に。 しばらくして,k船長,スヤマ君も参戦。さすがに上手い。なかなかアタリを誘えない我々をよそに,シーバスのアタリを独り占め。何かが違うのだろう・・・。「さすが!」 としか言いようがない。しばらく楽しんだ後,納竿とした。


060528mebru良型メバルを楽しみ,久々のシーバスを楽しみ,とても良い釣行となった。メバルは26.5センチを筆頭に25センチ以上が6匹。22~25センチが5匹。18~20センチが5匹。シーバス,56センチと74センチ。今夜は,海の幸を堪能できそうだ。


 k船長,スヤマ君。どうもありがとうございました。また,誘ってください。  梅雨メバルが呼んでますよ(^_-)

| | Comments (0)

遠征,再び!

一度火がつくと,またまた行きたくなるのが海(^_-)
先週末に続いて,3・4日に○▽島への遠征を計画。今回は,namatakoさんこと私の義兄,友人Nさん,そして,私の3人である。前回の釣行時の潮回りよりも条件は良くない。大きく膨らむ期待に,無理矢理ブレーキをかけ「今回はあまり釣れないはず・・・」って思うことに・・・。釣れなかった時のショックを小さくするためだ(~o~)


釣行コースは,前回とほぼ同じパターン。そして,釣況も前回と同じ,釣果は前回よりも下回るという感じである。ということは,あえて新たに書き加えるようなこともない。今回の遠征の様子は,「1ヶ月ぶりの海」の記事を読んでもらえばいいのだ(^^;)。 えらいええ加減な私である。すんません<(_ _)>


Mebaru0504帰宅して,あらためて魚を並べてみると。おやおや思った以上にサイズが揃っているではないか。22~26センチが15匹。金メバル以外はすべて22センチ以上だった。17~20センチまでのメバルは,14匹。計29匹。まずまずの釣果ではなかろうか。


今回の釣行では,各地で盛んにメバルのボイルが見られた。残念ながら,ルアーが届かないほど遠い。たまに手前でボイルした時にはすかさず狙い撃ち! 狙い撃ってゲットしたメバルは,どれも良型。しかし,ボイルする時間はごく,ごく短時間。数秒,数十秒なのである。どうやら小魚を追っているようだ。頭から尻尾の先まで,全身がはっきりと見えるような派手なライズを見るとアドレナリンが沸騰する。しかし,連発はない。再びライズするまでじっと待ち,ライズしたら狙い撃つっていう感じなのである。


帰宅し,メバルを捌いて判明したことは,メバルが追っていた小魚の正体は,5センチ足らずのイカナゴであった。イカナゴの群れが通過する時に,それを追ってライズしていたのだ。ベイトがイカナゴだと分かれば・・・何か良い作戦が・・・どうなんだろう(^^;)


Gomoku060504そして,カサゴ,アジ,イソベラで4目釣り。今回はチヌは釣れなかった。同行したnamatakoさんが50センチオーバーのシーバスをゲット!これから先の時期,メバルの釣れ方はどうなるのだろう。できれば,もう一度遠征してみたいような・・・しかし,春のアオリイカも気になるし・・・・それよりも,海に行く時間を確保しなければ(^^)

| | Comments (0)

1ヶ月ぶりの海

4月29日(土)。
○▽島への遠征に,お誘いを受けた。
少々疲れ気味の体を自宅で休養させようと一度は釣行を断念。だが,私にとっての「休養」は,海に行く方がよいのでは・・・と,自分勝手な解釈の末「やはり連れて行ってください。」とお願いメール。快く同行させてもらうことになった。

1ヶ月ぶりの海である。
メバル狙いとしては,いつ以来だろうか・・・忘れてしまうくらい海から遠のいていたみたいだ。

さて,今回は夕方~翌昼までの釣行パターン。
いつもながら,行きの車中で大きな期待を膨らませる会話。久しぶりの海とあってウキウキの私であった。快調に車はひた走り,第1ポイントに。ここは,さ~ふさんのお勧めポイント。釣れれば25センチ級が期待できるという過去の実績からもワクワクのポイントなのである。しかぁーし,潮が低すぎる(^^;)釣りにならないので,ポイント移動。

第2ポイントは,私の好きなポイント。このポイントでは,過去ボ○ズはなく,良型で数もそこそこ出ているのだ。期待を込めてキャスティング。・・・・・反応無し・・・・ありゃりゃ(~o~)  気を取り直してロッドを振る! フル! ふる!・・・ ゴソッ! 合わせる! ロッドにトルクがかかる!根に入られないように両手を高く掲げロッドを持ち上げながらリールを巻く! こ,これこれ!この感覚。いつ以来だろうか。実に楽しいファイトをするメバルだ!あがってきたのは24センチ程の良型。それから3連発。しかし,その後は連発はなく,ポツリポツリと拾い釣り。とりあえず,良型を含めてお土産の確保はできた。

暗くなって第3ポイントへ。このポイントは,始めて来た時に爆釣したポイント。そして,昨年はスペシャル釣法で良型メバルをゲットしたのだ。さっそくスペシャル釣法で試してみる。しばらくすると,コンッ!っていうアタリ。上がってきたのは,10センチにも満たない子メバル君。そして,15センチにも満たないアジ君。ありゃま,これでは・・・と,すぐにポイント移動。

第4ポイント。ここは,満潮前後の潮回りでは定番。
しかし,私の体力は限界に・・・・車の方に戻り,道路脇に寝ころぶといつの間にか熟睡・・・(^^;)・・・おいおい,危ないぞ!

Tinu060430しばらくして,「釣れ出しましたよ。」と,天使・・いや,さ~ふさんのささやきが目覚ましに。ムクムクッと起き上がる私。そして,がんばって再参戦!連発はしないが,釣れれば良型。今回は,下げ潮になってからのジアイが長く,ダラダラポツポツと釣れ続けるという感じであった。そして,今回是非釣りたかったチヌもゲット!(^_^)v チヌの卵のからすみを作りたいのだ。これで,5目達成。メバル,カサゴ,アジ,イソベラ,そして,チヌ。

その後の記憶は朝までとんでいる。
車の中で熟睡していたみたいだ。気づけば,夜明け前の第5ポイント。前日の第1ポイントである。さてさて,今日こそは釣れますように・・・。期待を込めてロッドを振る!しかし,アタリは・・・・。しばらくして,穂先に違和感。軽く合わせてみるとギュイ~ンといきなりトルクフル,強烈,全身ゾワゾワする引きだ。高く両手を掲げ,根に入られないように,メバルのパワーに負けないようにゴリ巻き!ラインは2.5lb。限界への挑戦である。ちょいと大げさか(^^;)

敵も然る者。見事根に入られた(*_*)
ゴリ巻きし,無理矢理浮かそうとしたのだが,途中ガラ藻の中へ。ガックリ。ラインを通じてロッドには魚が暴れる感覚が伝わる。しかし,にっちもさっちも・・・・このままラインブレイクか・・・・。ラインを緩めてしばらくおいて・・・再びラインにトルクをかけてみると・・・(^_^)v 出てきた! 出てくると再びトルクフルな引きを楽しませてくれる。そして,見事取り込み成功!しかも,26.5センチの良型である。今回の最長寸であった。その後,同サイズを2つほど追加して,今回の釣行の最終ポイントへ。

ここは,2年前偶然見つけたポイント。少々釣りにくいのが難点としてあるのだが,意外に釣れるポイントである。今回もいきなり2匹連発。しかし,その後は・・・(^^;) 同行者の方たちはポツリポツリと追加している様子。私はすでに限界。そして,しばらくして納竿となった。

Mebaru06043020~26センチのメバル19匹。20センチまでのメバルを16匹。その他カサゴ,アジ,チヌ,イソベラ。まずまずの釣果に満足!(^_^)v

そう言えば,今回のメバルに新種が?!
Mebarusyurui060430青メバル,黒メバル,金メバル。この3種に加え,黒メバルの体で色が金のメバルがいたのだ(左画像上から3番目)。画像では,そうでもないかもしれないが,実物は見事な金色!これって新種?!

| | Comments (0)

« April 2006 | Main | August 2006 »