« October 2006 | Main | January 2007 »

December 2006

相変わらず・・・

先週末は,小メバルの数釣りで楽しんだ。雑魚釣り師の私としては,それなりに満足の釣行なのである。ま,小さくても釣れる方が楽しいし・・・。ってことで,小型でもいいメバルに会えれば・・・と,海に向かったのであった。


なんて,ホントは帰りが遅くなり,いつもならたっぷりとアルコールが入っている時間なのに珍しく酔っていない私。このまま,飲むのを我慢して海に行こうと思い立ったわけだった(^^;) そして,すでに海に先行していたメバッチさんからのメールが海に向かう気持ちを後押ししてくれたのだ。


メバッチさんとのメールのやりとりの後,某桟橋近くで合流。懸命にロッドを振るものの思うような釣果は期待できず・・・ポイント移動。移動先もどうやらジアイは過ぎている模様。となれば,先週小メバルと戯れたあのポイントに。


Mebaru061223そのポイントには先週同様,某甥っ子が先行していた。そして,先週同様,小メバル君たちと戯れ・・・いや,これは乱獲していると言っていいのかも(~o~)  いやはや釣るは,釣るは・・・・次から次へと(@_@)//  負けてはならずとがんばるMEBARU-Yだが・・・捌く労力も考えてそこそこに納竿とした。


甥っ子たちと分かれた後,気になるポイントに立ち寄ったが,サイズは相変わらず。あっさりと帰宅。


その後,下げ潮でチヌの30センチ級が爆釣したというメールが(^-^)  この家族は・・・とことん・・・侮れない。やはり,因島の魚が絶滅するとすればこの家族は,大きな要因の一つとなるに違いない。
ね,そう思いませんか?メバッチさん(^_-)

| | Comments (3)

小さいけれど・・・

12月も半ば,そろそろ産卵期を迎えたメバルが近場に・・・良型メバルを期待しつつ海に行ってみることに。


まずは,因島東側をランガン。
風もなく,絶好のメバル凪。あとは,アタリがあれば言うことなしなのだが・・・。1時間程ロッドを振っても魚信なし。あきらめて,西側に行ってみようと移動・・・・しかし,まだ満ち上がり。西側は下げの方が良い。東側のどこかにいいポイントはないか。


そ,そうだ!のべ竿を振っていた頃によく通ったあそこに行ってみよう。爆釣しそうな予感はないが,ま,とりあえず第1投。・・・・ゴソッ! さっそくアタリだ。コンコンと小気味よく暴れるメバル。サイズは・・・小さい。その後もコンスタントにアタリがある。程ほどに遊んでくれる。先週釣ったメバルを南蛮漬けにして楽しんだ。小さいメバルでも美味しいこと間違いなし(^_^)v  ってことで,いつもならリリースサイズのメバルを今回もキープ。


ポルノグラフティー「ハネウマライダー」が夜の海に響きわたる。義兄からのメールだ。 今夜,新ロッドのテストをするため来因するとのこと。さっそく合流すべく西側にポイント移動! その前に気になるポイントに行ってみるが・・・・どうも釣れそうにないので早々と見切りをつけて合流。


Mebaru0612152先行していた兄さんに「どんな感じ?」って声を・・・って聞くまでもない。次から次へメバルが上がっている(^^;) 残念ながらサイズは,相変わらずの・・・リリース?キープ?って迷うようなサイズ。しかし,コンスタントに釣れる。入れパクと言っていいかも。当然,私も参戦。間もなくメバルバッグに入らなくなりそう・・・。これは,これで楽しい釣りである。


堤防に並んで座り,兄さんファミリーと話をしながらロッドを振る。いやはや,1人黙々と釣るのも落ち着いていいのだが,こうして釣るのもやはり楽しい。兄さんの使っているロッドは,なかなか感度がよさそうだ。しかも軽くて取り回しがいいらしい。だから・・・と言うわけではないが,兄さんがメバルをゲットするペースは異常だ。1キャスト1キャッチに近い。その横のヒロ君も同じようなペースで釣り上げる。ちょっと離れたところで,釣っている2号シンちゃんもがんばっているみたいだ。恐るべしファミリー・・・因島のメバルが絶滅するとしたら,その要因の一つはこのファミリーの存在?!って思うほどなのだから(~o~)


Mebaru061215さて満潮前後の潮回り,今回は思った以上に長い時間どんよりと動く潮だった。おかげでか,小メバルの入れ食いが長時間続いたのかもしれない。そして,下げ潮が少し動き始めてからボトム付近でちょっと良型が!しかし,メバルバッグもいっぱい,私の体力は残りわずか。兄さんファミリーよりも一足お先に納竿とした。


釣果
20~17センチ  4匹
17センチ未満  50匹程

| | Comments (0)

メバル釣り転じて

家族サービスの任務完了!
といいつつ,自分が一番欲求を満たしたみたいだが(^^;)
21時帰宅。この時間にアルコールが入っていない状態は珍しいMEBARU-Y。ならば,このまま海へ。


ってことで,ちょっとメバルのご機嫌を伺いに行くことにした。
Mebaru061210因島東海岸をランガン。南回りで因島を一周。どこに行ってもメバルのサイズは・・・・小さい(*_*) 久しぶりにメバルが食べたいという思いからいつもならリリースするような小メバルを今回はキープ。ま,たまにはいいだろう。かろうじて煮付けにできるようなサイズを数匹,あとは南蛮漬けに。小さくても味は間違いなく美味なのがメバル釣りの魅力でもある。


数カ所のポイントを回って,そろそろ日付もかわり納竿しようかという時,それまで釣り上げたメバルとは違い,断然トルクフルなアタリがグッと! そして,ラインからロッドへ,ロッドから体へその引きが伝わる。手応え満点。こりゃ,良型!25センチオーバー間違いない(^_^)v   ん?待てよ,このアタリは・・・。 ち,チヌ?
  

Tinu061210ま,これはこれで楽しい。この時期のチヌは刺身にもいい。大歓迎である。それから,な,なんと31センチ~34センチのチヌが連発!思いがけぬ大漁となった。

| | Comments (3)

こんなハズでは・・・

あーーーー,海に行きたい。
良型アオリイカをもう1,2はい釣ってから本格的にターゲットをメバルにしようかと思っていたものの,結局海に行けずじまい(*_*)


家族サービスもできてないし・・・。
ってことで,息子たちのリクエストに応えてハンバーガーを食べに行くことになった週末。久しぶりのファーストフードもなかなか。まっ,続けては食べたくないが(^^;)  その後,買い物に・・・私は別行動でカー用品店と釣具店に。カー用品店で洗車用のグッズを買い込み,釣具屋さんへ。


Peふと目に飛び込んだのは「Daiwa月下美人月ノ響」。某blogで「見つけたら買っとけ!」って記事があったなぁ・・・確かMebacchiDiaryってblogだったような(^_-)  で,私もとりあえず買っておくことにした。買ったはいいが,いつ使うのか・・・で,このラインを巻くリールは・・・ないじゃん(>_<) まあ,いいか。そのうち・・・・・・。


と,その時妻からのメール。「迎えに来い!」 はいはい,すぐに行きますよ。ラインだけを買って家族を迎えに行くMEBARU-Yであった。運転しながら「このラインを巻くリールは・・・・。」って妄想を描く。家族の姿を確認したところで現実に戻り,夕食を食べに行く。腹も満腹。さてと,帰宅するか・・・。待てよ,腹は満腹なのだが何か不満・・・・(^^;)ちょっとリールを見に行こう。


釣り人のこの行動の果ては・・・・
やはりこうなる。自己破産しそうだ。
Serutetoで,で,で,でね。 このリールを装着するロッドは?!  (激爆)

| | Comments (0)

« October 2006 | Main | January 2007 »