« 皆勤賞?! | Main | 蛙の子は蛙 »

週末恒例,男子チームでエギング!

9月27日
<午前の部>
またまた楽しみな週末がやってきた。
男子チーム3人は,早起きして仲良く海へ!
今回は,満ち上がりで,少し潮も高くなっているので,いつものM1ポイントでは釣りにくい。と,いうことで,前回釣行した「吸血の森ポイント」に行くことにした。この週末は,気温がグンと下がり,長袖長ズボンという出で立ち。蚊の猛攻を防御できるので安心。しかも,これだけ気温が下がると蚊も活動しにくいのでは・・・って,思っていたが,この時期の蚊はなかなかの強者。集団で追っかけてくる。種の保存に全力を注いでいるようだ。しかし,蚊の攻撃を難なくかわしポイント到着。

さてさて,釣況は・・・。うーーん,渋い(^^;)
潮の流れや海の雰囲気はいいのだが,アタリがない。シャローを攻めて何とか1はい。息子2号が同じようなところで1はい。潮が高くなるにつれて,アタリも出てくるかと思っていたが,そんな感じではないようだ。ちょいと期待はずれ。移動しよう!

さて,どこへ?!
潮の高い時は,ポイントも限られる。多くのエギンガーが湧き出るように現れる。誰もいないところを探す。たまたま,T道路脇のポイントが空いていた。いつもは,必ず釣り人がいるメジャーなポイントだ。

Dvc00095さっそく,ロッドを振る。第1投目で,レギュラーサイズをゲット!こりゃ,釣れるかも(^_^)v 子ども達にそのポイントを譲り,少し離れたところまで歩きながらロッドを振る。潮はいい感じ。エギを追ってくるアオリもいる。しかし,見えるイカのバイトに焦って合わせ,掛かりが浅く墨の煙幕を残して・・・・。その後,アタリは遠のき,粘って粘って1はい追加。息子3号も1はいゲット。計5はいで,午前の部の終了。とりあえず,全員安打(^_-) 午前の部で得たアオリイカは,実家の母へのお土産とした。

午後の部は↓ ↓こちらから

<午後の部>
この週末は,午後の干潮前後の潮回りでの釣りに重きを置いていた。2時頃から下げ潮をいつものM1ポイントで,干潮から満ち潮2分までを前回釣行し,連発したOSHIポイントでと考えていたのだ。


まずは,単独でM1ポイントに。誰もいない。貸し切り。どうして誰もいないんだろう。予想外のラッキーかもしれない。

M1ポイント入り口で,第1投目からドンッ! 16センチをゲット! こりゃ,イレパク・・・と,いつも思うのだが,なかなかあとが続かない。M1ポイントまで,ロッドを振りながら歩くもアタリなし。何とかM1ポイントで3はい追加。こんなものか・・・と,思っていると「ズンッ!」今シーズン一番の重みのある手応え(^_^)v 大型アオリか?! 一瞬そう思ったが,グワングワン・・・。タコである(^^;) ま,タコも大歓迎。700gの立派なタコが姿を見せてくれた。刺身が食べられるぞ!

そうこうしているうちに,OSHIポイントへ行く時間がやってきた。ここからは,息子3号も参戦するということで,一時帰宅し息子2号を迎え,2人でOSHIポイントへ! いい感じの潮の動きだ。
Dvc00093第1投でドンッ!(^_^)v 期待通り。


Dvc00092 少しして,息子のロッドもしなっている(^_^)v

Dvc00090_4
イレパクとはならなかったが,1時間弱の短い時間で息子が2はい,私が3はい。レイシも少々。午後の部は,9はい。午前の部と合わせれば,アオリイカ14はい,甲イカ1はい,タコ1はいと,まずまずの釣果だ。


Dvc00251帰宅し,タコ刺しの美味さに喜び,すっかり調子に乗ったオヤジは,泥酔していくのであった。

|

« 皆勤賞?! | Main | 蛙の子は蛙 »

アオリイカ」カテゴリの記事

Comments

親子でエギング楽しそうですね。
我が子がエギングできるようになるにはあと5年は必要かな。
アオリ、甲、蛸・・・お酒が進みますね(笑)

Posted by: ソルT | September 29, 2008 at 22:52

 週末合宿は、爆風でいまいちでした~ それにしても親子で良い釣りしてますね! 飲み過ぎ注意報発令ですよ~

Posted by: SEKIZEN | September 30, 2008 at 08:14

ソルTさん,SEKIZENさん,毎度。
今度,合宿に誘ってね(^_-)
親子で参加できるかも。

これからは,数は厳しくなりますね。

Posted by: MEBARU-Y | October 01, 2008 at 20:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 皆勤賞?! | Main | 蛙の子は蛙 »