« 週末恒例,男子チームでエギング! | Main | これでいいのかなあ »

蛙の子は蛙

10月4日(土)
朝の干潮前後で釣行できる,よい潮回りの週末。しかし残念ながら,仕事や娘の高校の体育祭など,過密なスケジュールで,海を満喫できる時間の確保が難しい日。

それでも,朝5時に起床。いつものように海に向かう,親子2人。我ながら感心する。釣りバカは親父だけでなく,必ずついてくる息子3号もかなりの・・・。我がMEBARU-Y家では,「鳶が鷹を産む」ことなく,「蛙の子は蛙」だったようだ。ま,その方がある意味安心かもしれないが(^^;)

今年,エギングを始めて6年となるが,まだ一度も行ったことのない因島内のポイントが,いくらかある。今回は,その一つのポイント「U」に行ってみることにした。以前から釣れるのではないかと狙っていたのだが,さまざまな諸条件が合わないのと,いつものポイントで十分な釣果が得られるので,敢えて行ってみようとは思わなかった。で,今回試しに行ってみたのだが・・・雰囲気は悪くない・・・しかし,どのポイントでどう釣ればよいか・・・しかも,時間も仕事まで2時間弱しかない・・・。良さそうなところでロッドを振ってみるが,海底に藻場が広がり釣りにならなかったり,潮目に大量のゴミが流れていたり・・・(>_<) すぐさま心が折れてしまい,モチベーションが急降下。移動しよう。このポイントは,ゆっくりと余裕のあるときにまた。


Dvc00098では,どこに行く?
この潮の高さだとOSHIポイントがいいだろう。貴重な時間をロスしてしまった。OSHIポイントでは,数はいは釣れるであろうとちょいと期待していたが,どうも潮が速すぎるような・・・。案の定,アタリがない(-_-) こんな時は・・・レイシでも・・・って,息子3号はすでにレイシ捕りに夢中である。全くもって,同じ行動パターンの2人である。

Dvc00101_2息子3号は,大きなウニもゲット。この時期のウニは食べるところがないであろうと思っていたのだが,息子のリクエストでお持ち帰りに。帰って中身をみるとほとんど食べるところはなかった(^^;)


Dvc00099しばらく,磯遊びを楽しむとすでにタイムリミット・・・。しかたなく帰途につく。車まで帰りながら,ロッドを振ってみると,ポツリポツリとレギュラーサイズが当たってくる。ちょっとした潮の動きの変化で,アオリイカもやる気になるらしい。結局,4はいのアオリをお土産に納竿となった。もう少し海を楽しみたいのに,やれやれこれから仕事か(父)・・・やれやれこれから宿題か(息子)・・・と,足取りが重い2人であった。

もうちょい時間がある方は ↓  ↓ こちらもどうぞ

<オマケ>
Dvc00097午後から,職場の近くで30分程,ロッドを振ってみた。甲イカ君が遊びに来た。そろそろ,甲イカの数が増えてくる時期となったみたいだ。今年も塩辛を作ろうかな。

<オマケ2>
Dvc0009610月5日(日)
性懲りもなく,5時には準備万端の親父。天気予報は雨。それでもカッパ持参で海へ。M1ポイントに着くと,パラパラと雨。ま,予想通り。慌てることもない。カッパが功を奏している(^_^)v
これで,アタリがあれば文句なし。しかし,カッパをたたきつける雨粒が次第に大きく,吹きつける風もどんどん強く・・・海には白い兎が一匹二匹三匹・・・無数に跳ね出した。こんな日にまで海に出なくても・・・と,自省。釣りにならなくなって渋々撤退。帰りの浜で拾ったギザミ1匹が唯一のお土産となった(^_^;)

|

« 週末恒例,男子チームでエギング! | Main | これでいいのかなあ »

アオリイカ」カテゴリの記事

Comments

 蛙の子は、蛙ですね~ Uポイント気になりますね~ どこかな???
 職場の近くって 移動されたんですか? 来月8~9にOS島合宿を計画中ですが、予定は、いかが???

Posted by: SEKIZEN | October 07, 2008 at 21:37

SEKIZENさん,毎度。
Uポイントは,比較的北側のポイントです。
どうやら,フカセでチヌを釣る人が多いみたい。

来月8日過ぎに,大きな仕事が待ちかまえています。
15日以降ならご一緒できそうなのですが(^^;)

またの機会を期待しています。

Posted by: MEBARU-Y | October 10, 2008 at 21:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 週末恒例,男子チームでエギング! | Main | これでいいのかなあ »