« October 2009 | Main | December 2009 »

November 2009

メバル探しに

週末。久しぶりにメバル狙いで海へ!
リアルワーム持参で,いつものポイントに直行。潮止まりから,下げ潮。さほどよい潮とは言えないが・・・。

Dvc00009とりあえず,まずはリアルワームで様子見。どうも潮の動きが今ひとつ。アタリもない。しばらくして,もぞっとアタリらしき違和感にロッドを煽ると,グングンガンガンと小気味よい魚の反応が伝わってくる。こ,これは鯛の引きに違いないと確信。しかし,サイズはさほどではないようだ。上がってきたのは,やはり25センチ程の小鯛。型揃いで・・・小さくはないが,大きくもない(^^;)

Dvc00008時折,微妙なアタリの後ひったくるような引き。アジだ!運良くか・・・尺アジも混じり,その強烈な引きを楽しむことができた。もちろん釣った後の食べる楽しみも満喫した。(後日報告)

Dvc00007で,メインのメバルは????? (^^;) 鯛とアジに夢中で・・・小メバル3つ。同行したN氏は20センチオーバーの良型メバルをしっかりキープ。お腹の大きいメバルも。そろそろメバルの本格シーズンの到来みたいだ。

| | Comments (3)

誰かもらって!

ルーフキャリー,タイヤチェーンに続き,もらってくださいパート3かな(^^;)

今回は,水槽関連用品。
Dvc00046水草水槽を始めて十数年間。たくさんの水槽を設置。水槽が7つになった時には,電気代が(@_@)// 妻の逆鱗に触れ,次第に数を減らしつつ最後の1つの水槽。近年は,息子の獲ってきたメダカやドジョウなどを飼育していた。ところが,今度は,水槽の周りが「ゴキブリの巣」と化していることが,妻の逆鱗に触れることに・・・。息子3号と二人,渋々と水槽を撤去することになった。ヒーターや水草のトリミングセットなど細々としたものは捨てちゃった(^^;) で,残ったのが ↓  ↓

Dvc00042 Dvc00041
1 まずは,水を浄化するための装置。エーハイム2215。アクアリウム全般に活躍できる浄化フィルターです。フィルター本体とタップをセットでどうぞ。ちなみに,ホースは汚れているので,新しいホースのご用意を。

Dvc00044
2 次は,タイマー。水槽用電灯などのスイッチオン・オフが毎日自動に(^_-) これは便利。これからがシーズン?の家庭のライトアップ?のタイマーとしてなど,他にも流用できそう。

Dvc00040
3 そして,最後はライト。60センチ水槽用(2灯式)のライトが二つ。90センチ水槽用(1灯式)が一つ。中古の蛍光灯(60センチ用)が数本。まとめてもらって!

Dvc000161
4 おまけ。
au携帯の純正車載用充電アダプタ(0201PEA) 未使用。純正品だから,安心充電。


1~4まで全部無料でどうぞ。ただし,因島で手渡しができる人に・・・まあ,尾道,福山方面なら出かけた時に手渡しできるかも。 どうぞ,ご遠慮なく連絡してください。どれか一つでもOKだし,全部もってってOK!連絡の早い順で(^_-)

<連絡方法>
この記事に何が欲しいかコメントを入れてください。その時に,メールアドレスをご記入ください。そのメールアドレスにこちらから連絡しますので,手渡し方法(日時や場所等)を相談しましょう。 ちなみに,コメントはすぐには公開しない設定にしていますから,メールアドレスをweb上に公開せずに連絡が取れると思います。

| | Comments (0)

サワラ料理

我が家初のサワラ。
さてさて,どうやって食べようか。

Dvc00068 Dvc00077 Dvc00066 
一匹のサワラをいろいろに楽しんだ。刺身に西京焼き,塩焼きetc.・・・・詳しくは,「我が家の食卓」の「サワラ料理」を! サワラがメチャクチャ美味しい魚だと認識した。今度は,いつお目にかかれるだろうか。やっぱり海はいい。魚は美味しい(^_-)

| | Comments (0)

ジギング日本海

本格的な初ジギングが山陰,大社沖。
Dvc00015狙いはヒラマサ?ブリ? 船長の話では,10kg,15kgクラスのブリが釣れるかも・・・。そ,そんな大きなのじゃなくていいから5kgくらいのが数匹釣れれば・・・。なんて,遠慮がちに思っていた。期待と不安を胸に抱きつつ,美しい朝日を背にいざ出港!


Dvc000122メートル以上のうねりと複雑な波で,船の上に立っているのもままならない状態でのジギング・・・瀬戸内海とは全然違う(^^;) 画像をみるとさほど,大きなうねりや波ではないように見えるのだが,これがどうして・・・船に弱い方なら10分で船酔いかも。

さてさて,ジギング開始から間もなく,我が師匠のロッドが曲がる(@_@) で,でかそうだ。どうやらブリではなさそう・・・あ!サワラだ!80センチクラスの良型サワラをゲット!その後,しばらくアタリもなく時間が過ぎ・・・すると今度はN氏のロッドが撓る!引きの力強さが今ひとつのようだが,なかなかどうしてロッドはしっかりと弧を描いている。あがってきたのは,大振りなヤズ。とりあえず,これが本命だ。しばらくして船長が良型サワラをゲット!で,私は・・・・バイトすらない(*_*) 


Dvc00007大きなうねりの日本海に慣れたものの,アタリを導くジャークができない(^^;) 一度だけでもチャンスを!と,思いつつも無情に時間が過ぎてタイムアップ。残念。結局船長の釣った80センチオーバーのサワラをお土産にいただき帰途につく。


Dvc00010せっかく,山陰に来たのだから・・・割子蕎麦定食を食べて(^_-) これは,美味しかったなあ。
さあ!来月,リベンジに!!!(^_^)v

| | Comments (2)

サイズダウンだけど

週末,いつもの如く早起きをして海へ(^_-)
まだ明けやらぬ海でエギを投げるも・・・アタリなし。数カ所のポイントを回ると,ありゃま夜が明けてきた。アオリイカはあきらめて,ショアジギングでもとナブラを求めてドライブ。しかし,小さい潮回りだとどうもナブラはたたないみたいだ(*_*)

Dvc00073 Dvc00070 Dvc00071

では,もう一度エギでも投げてみようか・・・。夜が明けた海は期待薄。気合いも入らない。し,しかし,第1投目にヒット!釣れるじゃん(^_^)v ま,サイズはさほどではないが,贅沢は言えない。その後,コウイカ3つとアオリ一つを連ちゃんで追加。運良くよい釣りとなった。で,ナブラは・・・全く見ることはできなかった。

| | Comments (2)

アワビ ゲット!

週末,久しぶりに息子たちと楽しく磯遊び。夜明け前,男チーム3人で家を出る。途中コンビニで腹ごしらえ。やはり磯遊びは,ワクワクする。
いつもの磯に到着して,さっそく獲物を探す。サザエやギザミ,あわよくばアワビが獲れれば最高だけど(^^;) 今回この日,息子3号が学校に行かなければならない日だったので,時間限定。短い時間だが,しっかり楽しもう!


さて間もなく,息子たちが騒ぎ出す。ギザミがいたらしいが,岩の隙間に逃げ込んでしまったらしい。その岩をひっくり返してみると・・・ありゃま,小さいながらサザエが二つ(^_-) やったね!幸先がいい。運良く獲物ゲット!

Dvc00003磯の間の砂地に潜るギザミを銛で突いたり,掘ったりするとたくさん出てくる。釣るよりも効率がいい(^^;) 全体的に小さいが,これはこれでおかずにも,酒の肴にもなる。ギザミを見つけている中,ふとソイを見つける息子3号。やはり,こいつは・・・(^^;)

Dvc00004コンスタントにサザエもゲット。しかし,これも全体的に小さい(~o~) ま,贅沢は言えない。大事な天からの恵みである。短い時間での磯遊び。そろそろ帰らなければならない時刻がきた。キザミもサザエも獲れて,それなりに楽しめた。岩の隙間を覗きながら磯を引き返していると・・・んっ? こ,これは?! アワビじゃん!(^_^)v やった!良型アワビを見つけた。

1時間ちょいの短い時間だったが,最高に楽しい磯遊びとなった。
ちなみに,このアワビをどうやって食べよう。貴重な食材だ。買えば数千円。さてさて,料理については,
「我が家の食卓」←こちらを。 アワビ料理については,他の料理よりもちょいとスペースを割いてアップした。詳しくはこちら→「アワビ料理

| | Comments (2)

週末091107

すっかり秋らしくなった。
そろそろ,メバルも気になりながら・・・もう少しアオリイカを追っかけよう。

土曜日早朝,西側の桟橋へ!
下げ潮。ベイトは先週よりも少ない。タチウオの数も少ない。が,シーバスは元気みたいだ。時折でかいシーバスが桟橋の下からガバッと出てくる。いっそ,シーバス狙いで・・・とも思うもののやはり,アオリが釣りたい(^^;) シーバスのライズを横目にしながらがんばってエギを投げるが・・・。釣れない。

Dvc00069この日は,息子たちと磯遊び(別記事で報告する予定)の約束をしていたので,夜明け前には一時帰宅して磯に行く予定だった。タイムリミットが近づいてあきらめかけた時。 ズンッ! (^_^)v 来ました。さほど大きくはないが,この時期のレギュラーサイズ20センチオーバー。お土産ができたので,息子たちをお迎えに帰宅した。

さてさて,翌日,日曜日。
この日は,スヤマ船長とナブラリング。因島近海で青物のナブラが見られるとのこと。実際,スヤマ船長は青物をゲットしている。実績があるのだ。

Dvc00066 Dvc00065
夜明け前に出港。ナブラ撃ちの前にアオリイカの調査。第1ポイントで,スヤマ船長にヒット!食べ頃サイズをゲット。その隣で急流に苦戦する私(^^;) その後しばらくアタリがないので,移動。・・・・・しかし・・・・アタリ無し・・・移動・・・3度目の移動。もうすぐ夜が明けそうな時,むんっ! (^O^) きました! 快いジェット噴射を堪能。680グラムの良型アオリをゲット! 少しして,サイズダウンだが400グラムをゲット!お土産ができた(^_^)v

Dvc00064島の稜線が次第にはっきりとしてくる。空が白み,海面が太陽の間接光を反射し始める。さあ,いよいよナブラリング。近場のポイントに移動すると・・・・ボゴッ!っていう感じで白波が立つ。ベイトが何かに追われて跳ねる姿も目撃。それを目がけてジグを投げる。大きなナブラでなく,小ナブラ。ポッパーよりもジグに実績があるみたいだ。しかし・・・・ヒットせず。海面を凝視し,ナブラを探す。そのうち,すっかり夜も明けた。朝日がきれいだ。なんて贅沢な時間だろう。いつも,海にいるとそう思う。しかも船から見る芸予諸島は格別に美しい。

しばらく,ナブラを探すが・・・潮の具合だろうか,この日はあまりナブラがたたない(^^;) いくつかポイントを回り・・・雰囲気的に期待薄みたいなので納竿。納竿した後,港に帰る直前,ボゴッ!っと小ナブラ(~o~)  時すでに遅し。ショアからのナブラ撃ちもできそうなポイントもある。こりゃ,昼間っから酔っ払いにならずに,海岸沿いをドライブする価値もあるかも。

| | Comments (2)

タチウオづくし091105

タチウオは美味い!
久しぶりに食べたということもあるのだろうが,間違いなくタチウオは美味い!

Dvc00039 Dvc00038
まずは,何はさておき刺身。皮なしと皮付き,それぞれに美味い。皮付きを炙っても甘く香ばしい。

Dvc00042_2 Dvc00043_2
刺身の残りも大事に炙って頂く。刺身にするのが上手すぎると食べるところが少なくなるが(^^;) さらに,卵と肝と心臓の煮付け。これで,酒の肴は完璧(^_^)v


Dvc00037_2 Dvc00041_2
夜ごはんは,定番の塩焼きでごはんを軽く頂く。翌日は,煮付けで(^_-) メタボ対策にごはんは軽く・・・のつもりが,ついついおかわり。


Dvc00040 Dvc00044
翌日も刺身が美味い。
翌々日の酒の肴は,南蛮漬け。まさにタチウオ尽くし(^_-)

| | Comments (0)

夜明け前091103

週末はポイントを外して獲物といえば,拾ったエギだけ(^^;)
3日の朝,いつもの早起き。前夜,強風のため釣行をあきらめ渋々と床についた。『こりゃ,明日は家族サービスに徹するか・・・。』と,思っていたのだが夜明け前には風が止んでいた(^_^)v

Dvc00062妻を起こさないように,こっそりと家を抜け出し,西側の桟橋巡りへ。
月が美しい。海も静かだ。海を独り占めしているような気分。贅沢な時間だ。そんなこんな思いを巡らしながら,第1投。1,2,3,・・・カウント後,着底。で,大きく2回しゃくる。すると,間もなく ズンッ! う,うそ! きたよ~! 小気味よいジェット噴射を楽しみながらリールを巻く。22センチ400グラム。この時期ではさほど大きくはないが,第1投目からのヒットで,少々顔もにやけ気味。100円エギの威力もなかなかだ(^^;) 

さあ!連発!
と,誰もが抱く願望。しかし,満ち上がりの潮が本格的に動き出すとアタリはなく,早々に移動。東側のポイントを覗きに行くと先客有り。とりあえず,一つキープできたので納竿。


早起きは,三文の得?かな。気分を良くして,その後夫婦でお出かけ。しっかりと点数を稼いでおかないと(^_^)

| | Comments (0)

サーベリング091101

久々のサーベリング。

Dvc00011寒波到来で,心配していた天候もなんとかなりそう。朝日が気持ちよく迎えてくれた。今回は,いつもとは違うところでのサーベリング。船から見える景色が,見慣れたものとは違うのが新鮮だ。過去2回は撃沈だったので,今回はそこそこ釣りたいと願いつつ。


Dvc000101時間ちょい走ったらポイント到着。意気揚々とジグを投入!1ピッチ1ジャーク(?)どのくらいのスピードが良いのか手探り状態でスタート。間もなく,左隣の兄さんにヒット! おお!今日は釣れそうだ。そして,またまた兄さんにヒット! ん?何が違うんだろう? 右隣のヒロ君と顔を見合わせて首をひねる。しばらくして,またまた兄さんのロッドが曲がっている。どうして?すると,右隣のヒロ君のロッドも・・・(^^;) ありゃりゃ,挟まれちゃったよ。

どうも,早巻きがいいみたいだ。しばらくして,ムンッ!ロッドにトルクがかかる。締め込むようなタチウオ独特の強い引きを楽しむ(^_^)v とりあえず,ボウズは回避。間もなく,今度は右隣のヒロ君が止まらない。連発だ!左隣の兄さんと顔を見合わせ首をひねる。どこか違うんだろ?

Dvc00008早いピッチ,いや超早巻きがいいみたいだ。やっとリズムをつかみ小連発。しかし,バラシが多い。どうして?ドラグを緩めすぎているのが原因か?ならば,がっちり締めて・・・・。老体にむち打ってジャークジャークジャーク! しかし,いささかしんどい(>_<) ロッドにトルクがかかる瞬間の快感をしっかりと楽しみつつ,がんばって何とか我が家の食卓&近所へのお土産を確保。

前半,リズムがつかめず,バラシも多く苦戦したが,後半はなかなかおもしろい釣りとなった。サイズは指3本~4本半,25匹。昼過ぎまででこれだけ釣れば,まあ満足。やはり,サーベリングは面白い。地元の桟橋でもタチウオは釣れるのだが・・・釣り方やロケーションなどが違うとそれぞれに面白味も違う。釣りはいい。海はいい。

| | Comments (0)

« October 2009 | Main | December 2009 »