« March 2010 | Main | May 2010 »

April 2010

海の幸,山の幸100420

海で,山で楽しむ春。

まずは,先日,息子たちとゲットした春の味覚。タラの芽とワラビ,タケノコ(頂き物)料理を楽しんだ。
Dvc00343 Dvc00334
タラの芽は,定番の天ぷらに。これは,息子2号の大好物。食の細い息子2号が喜んで春を楽しんでいた。合わせて,あく抜きをしたワラビも一緒に天ぷらにしてみた。これはこれで,いける。


Dvc00325 Dvc00332
さらにワラビは,おひたし風に味付けたものと煮付けにした。これは,酒の肴にもなり春満開。

Dvc00333 Dvc00327 Dvc00328
さらにさらに,頂き物のタケノコは天ぷら,煮付け,タケノコご飯に(*^_^*) これが,めちゃ美味しい。妻もなかなか料理の腕をあげたもんだと感謝,感謝。山の春を存分に楽しんだ。

Dvc00025 Dvc00023_2
さてさて,先日息子3号と干潟遊びに行ってきた。ゲットしたのは,モズクとタイラギ。

モズク,タイラギ料理は↓ ↓ こちらから

Continue reading "海の幸,山の幸100420"

| | Comments (0)

青物ショアジギング&メバル遠征

週末。雨・・・・・(-_-)
でも,やはり,海が見たい。午前2時。早起きして,しまなみを南下してみた。
昨年,楽しんだ青物ショアジギングをメインに,遠征。夜が明けるまでは,メバル狙い。ちょっと欲張りな遠征を。

まずは,メバル。しかし,小メバルに出会えたものの・・・今ひとつ。シーバスの活性は高く,同行した友人Nさんは,ソフトルアーでシーバスを連発。私は,プラグを投げてみるがアタリ無し。ベイトは,マツイカ。プラグは厳しいようだ。メバルの期待が薄いようなので,ショアジギングポイントに移動。

Dvc00122 Dvc00119 Dvc00117
午前5時,夜が明ける前の磯でメバル狙い。ちょっとして,アタリあり。なかなかの良型だったがバラシ(^^;) 気を取り直してロッドを振ると,またまたアタリ。24センチのメバルの登場!さあ,これからイレパク?!かと思いきや,以後アタリ無し。しばらくして,強いアタリ。シーバスだ!メバルロッドでのやりとりはスリルがあって,めちゃ楽しい。友人Nさんの玉網入れで,65センチのなかなかの良型シーバスをゲット。その後はちびメバルのみ。青物は,雰囲気が全くない。しばらく海の様子を観察して帰路に。

Dvc00110翌日,連続の遠征。青物に出会えることを祈りつつ・・・。一瞬,青物のナブラを目撃したものの,結局青物はヒットせず納竿。夜明け前に釣ったシーパス一つをお土産に帰宅。とりあえず,我が家のタンパク源の確保ができただけでもOKか。

| | Comments (0)

これも爆釣?!100410

めっちゃ忙しい1週間。やっとのことでたどり着いた週末。
さてさて,このストレスはどう処理しようか・・・。やはり海に行くしかない。しかし,雨が(-_-) しかたなく,一杯呑んでzzzzz.

ん~,海を見たい!土曜日早朝,早起きして海を覗きに行くも,どうもメバルがいるような雰囲気の海ではない。30分程ロッドを振ってみたが,早々に帰宅。ストレスが積み重なっていく・・・。

Dvc00101 Dvc00098 Dvc00099
Dvc00095ならば,山へ(^^;)
天気は上々,息子2人と一緒に山の幸を求めて!いざ出発!!
我が家の恒例行事,タラの芽とワラビ採り。メバルと違って逃げはしない。先客がいなければ・・・。いつものポイントを巡って順調に収穫。レジ袋にいっぱい,大漁だ(^_^)v 今年も土筆,ワラビ,タラの芽の春トリオを楽しむことができる。これで,ちょっとストレス解消!

Dvc00108午後から,一時帰宅していた娘を東広島まで送り。その帰り,ふと釣具屋が目に入る。「ちょっと寄っていい?」と妻の許可を得て,店に入った。そして,10分後。店を出る時には,長い物体を手に(^_-) 買っちゃった。息子3号用に新調しちゃったと言いつつ,「食い込み重視&強さのあるロッド」が1本欲しかった。半分は息子用,半分は自分用(^^;) これで,だいぶストレス解消!

さてさて,ロッドを購入したらば,試さないと・・・・。このロッド,けっこういいかも。
土曜日。ごごからの夕方からのお勤めを終え,22時過ぎ。友人N氏と共に海へGO! まずは,いつもの防波堤を表敬訪問。おなじみの顔が見える。ソルTさん曰く,「渋いです。地震も・・・。」 夕方の地震の影響か釣況は,芳しくないようだ。もうひと方,E氏も同じく,厳しいらしい。

そんな状況の中,久しぶりに橋を渡って南下してみることにした。師匠からポイント情報を頂き,車を走らせる。若潮の下げ。あまりよくない潮回り,しかも,潮が低くなり釣り場も少ない。その上,どこに行っても先客で釣り場は満員御礼。ドライブを続け,道端ポイントでN氏に良型メバルがヒット!連発か?!と思いきや,後が続かず。ポイント移動を繰り返すも,メバルバッグはなかなか重くならない。

Dvc00105 Dvc00106 Dvc00107
ロッドを振っていると,ネコの夫婦?が寄ってきた。釣ったメバルを狙っているのか・・・。1匹は,お腹に子どもがいるみたいだ。キープには忍びない小メバルをこのネコちゃんに差し出してみると,バリバリと囓ってあっという間に完食。2匹のネコちゃんにそれぞれ1匹ずつメバルを差し入れて,このポイントを後にした。何となく,ほのぼのとした気持ちになった。

さてさて,たいした釣果もないまま眠気に襲われ,ダウン。夜明け前まで仮眠zzzz.
夜明け前に,メバルのライズが見られるかと思ったが,残念ながら期待はずれ。しかし,2投目に小気味よいアタリ,そして,トルクフルな引きが!24センチの良型ゲットで,意気も上がる。しかし,連発はない(^^;) しかし,しかし,その後ついに連発!
Dvc00102 Dvc00103 Dvc00104
(^^;) (^^;) (^^;)
豆メバルの連発。これも爆釣って言うのだろうか(^^;) (^^;) (^^;) もちろん全てリリース。大きくなって戻っておいで!

Dvc00101_2さてさて,Newロッド。なかなかの食い込みの良いティップと強いバットを持ち合わせているみたいだ。今回の豆メバルのショートバイトにも対応できた。そして,25センチくらいのメバルでも引っこ抜ける強さもある。そこそこ使えるロッドだ。しばらく,メインロッドとして活躍させようか・・・。

| | Comments (4)

海を堪能100404

まずは,平日早朝釣行。
山積みの仕事を全て片付けた自分へのご褒美に平日遠征を計画。2日間の有給をとって・・・と思っていたのに,急遽出勤(-_-) 仕方なく,平日早朝釣行に切り替えた水曜日。

Dvc00099夜がまだ明けやらぬ地磯へスヤマ君と共に出陣。尺メバルを夢見て・・・(^o^) 大きな期待を抱きつつロッドを振るもののノーバイト。夜が明け,いつもの出勤時間が近づいた頃にスヤマ君が虎の子の1匹,25センチオーバーの良型メバルをゲットして終了。お土産が何もないのは寂しいので,ワカメのメカブをお土産に。次回は,大型メバルを!


Dvc00096さてさて,週末金曜日。
新たな仕事とストレスがまたまた山積みに(^^;) さあ,貯まったストレスは海で浄化しなければ。仕事を終え,食事を済ませ,23時頃に海へ。早速ロッドを振るもアタリ無し。時折,水音を立てるシーバスの反応も今ひとつ。桟橋の際でポツリポツリと拾い釣り。渋~~~~~い(T_T) しかし,そんな状況下で20~22センチのメバル4つに出会えたのは幸運だった。 

Dvc00098メバルは厳しいか・・・。下げの潮が流れ出してシーバスの活性が急上昇。プラグに付け替え,ロッドを振ると(^_^)v来ました。食べ頃サイズ50センチのシーバス。カルパッチョの素材の確保だ(^_^)v(^_^)v(^_^)v その後もバシャバシャと跳ねるのだがヒットしない。同行の友人N氏は連発。7本程獲ったみたいだ。どうもヒットルアーが違ったみたい。ベイトはマツイカ。

Dvc00097シーバスはN氏に任せて,再びメバル狙いでロッドを振る。メバルの活性が上がらないので,じっくりとボトム付近を探っていると,クンッ!と小気味よいアタリ。次の瞬間,トルクフルな引き(^_^)v 良型だ!チヌ?鯛?尺メバル?グングンッと強い引きを楽しみながらリールを巻く。浮いてきた魚を引っこ抜くと・・・そのシルエットは・・・やったか?!尺メバル・・・じゃない・・・何? アコウじゃん(^o^) 超嬉しい外道に出会えて,心は満たされた。


シーバスの活性も落ち着き,ポイント移動。下げ潮のいつもの防波堤が気にかかる。すでにたくさんの釣り人がロッドを振っている。駐車場には見覚えのある車も(^_-)

A氏との2度目の遭遇。またまた25センチアップの良型をゲットしている。ゲッとしたのは別ポイントだったようだが,このサイズは1匹でも嬉しい。レジ袋には,しっかりとタンパク源が確保されていた。

そして,ソルTさんの姿も(^o^) 隣島から移動してきたところだとか。我らオヤジ2人は,体力の限界が近づき,ロッドを振ることなく帰途についた。ソルTさん,その後はどうだったのでしょう(^_-)

そして,そして,そして,週末の締めくくり釣行は,ボートで(^_-) これが,めちゃ楽しかった。
続きは ↓  ↓ から

Continue reading "海を堪能100404"

| | Comments (6)

« March 2010 | Main | May 2010 »