« April 2010 | Main | June 2010 »

May 2010

連日のショアジギングしまなみ100530

これまでに何度も通い詰めて挑戦してきたショアジギング。土曜日にやっと満喫できた。しかも同じ日の夕方釣行された師匠からもよく釣れたという情報が入ってきた。となりゃ,またまた行きたくてウズウズ・・・。今度は,青物オンリーで挑戦だ!

メバル&シーバス狙い無しなので,ちょっとゆっくり家を出る。と言っても,夜明け前だが(^^;)前日から,ショアジギング&エギングで釣行されている師匠がいつものポイントに先行している。「今から向かいます。」というあいさつメールを発射した後,車を走らせる。程よく空が白んだころに到着。師匠と師匠の友人にあいさつし,さっそくロッドを振る。


ちょいとして,師匠にアタリ。この様子じゃどこでも釣れるのではないかと,あちらこちらをチョロチョロしながらロッドを振ってみるが,どうも集中できない。やはり前日と同じポイントで腰を据えてやってみると・・・ガツンッ!!!来たっ(^_^)v期待通りのトルクフルな引きを楽しませてくれる。ライトタックルが悲鳴を上げる。その分,楽しさが増加する。

間もなく,師匠の友人のロッドも大きく撓る!すると,負けじと師匠のロッドが弧を描く。ヒャ~~~ッ! そして,私のロッドも大活躍!この楽しい釣り。止められましぇん(^o^)

Dvc00028早々と2本ゲット(^_^)v 3つ目にヒットしたアタリはこれまでよりも一段とトルクフルだ。もしかして,もしかすると目の辺りに黄色のラインがあるあのお魚では?!ロッドは,限界に近い。セルテートフィネスカスタム2506のドラグをジィジィと鳴らしながら出て行くPE0.8号。なかなか寄ってこない魚。グッと踏ん張って耐える。すると今度は,右に左に運動会。やっと足元まで寄ってきたかと思うとまたまた走るっ! ウヒャ~~めちゃ楽しい(^o^) 上がってきたのは,期待通りのお魚,ヤズである。サイズは50センチには届かないが,満足度100%

Dvc00024しかしこりゃ,周りが知り合いだから許されるのかも。あまりにもライト過ぎるタックルだと近くの釣り人に多大な迷惑をかけそうだなあ(^^;) それなりのロッドやリール,ラインを準備する予算配分は期待できないので,しばらく迷惑を最小限に抑えながら楽しませてもらおう。そんなこんな,スタートから2時間程で十分な満足感に浸る。アタリも少なくなり,ポツン,ポツンとサバを2匹追加して帰宅準備。サバ6匹,ヤズ2匹,十分すぎるお土産だ。

Dvc00026帰り際にもうひと振りしてみると・・・んん???何やらビクビクと魚らしき感触。うん,確かに魚に間違いない。さほど大きな魚ではないようだが,何だろう。近くまで引き寄せると・・・なぁ~んだ,海藻か・・・いや,違う。オゴゼだ!メタルジグでこんなのも釣れるんだ(^^;) 意外なお土産を追加し,今回は早々に帰路についた。実釣2時間程,ホントに満足満足(^_^)v

さてさて,どうやって食べよう。
サバは,釣り味はいいのだが・・・産卵期のこの時期,脂ののりはさほどではない。「加工」することでサバの旨さを引き立てるしかないような気がする。
<鯖のお品書き>
「〆鯖」 「鯖のにぎり寿司」 「味醂干し」 「西京漬け」 「味噌煮」 「アラ煮」 「卵・白子・肝の煮付け」 「カラスミもどき」 思いつくものを時間の許す範囲で作ってみた。長く保存ができないのが残念だ。

ヤズは,あっさりとして美味い(*^_^*) ヤズの本来そのままの味を楽しみたい。味付けはシンプルに。
<ヤズのお品書き>
「刺身」 「ヤズの漬け」 「にぎり寿司」  「漬けのにぎり寿司」 「カマの塩焼き」 「煮付け」 「なめろう」

Dvc00025いやはや,食べきれないくらいの料理が食卓に並んだ。魚尽くしというか,魚だらけというか・・・いつも以上に「芋」がすすんだことは言うまでもないであろう。

そ,そ。最後のお土産,オコゼ。これも高級食材。姿揚げにするべく準備万端である(^_^)v
Dvc00033


料理の詳細は後ほど(^_-)

| | Comments (4)

ショアジギング爆釣!100529

釣れないのに・・・釣れなくても・・・やはり,また行くのね(^^;)
先週,念願の青物を一つゲットしたものの,さてさて今週末は?!

まずは,夜明け前,保険としてタンパク源の確保をしようとシーバス狙い。しかし,不発。ならば,磯で大メバルを狙って・・・来たっ!,マジで来たよ大メバル。PE0.3号ラインに1.75号のリーダー。強引に駆け引きができる。ガンガンと強い引きを楽しみながら足元まで引き寄せる。もしかして尺メバル?????って一瞬思った時,足元のガラ藻に潜り込んでしまい・・・フッと・・・バラしてしまった(-_-) 逃がした魚は大きいと言うが,かなりの手応えだったのに・・・。

意気消沈しつつ,ロッドを振っていると・・・ガツンッ,グイ~~~ンと! シーバスか?!メバルロッドでは太刀打ちできないかもしれない。引きが強すぎる(>_<) ドラグが鳴りラインが出る!ロッドの撓りで魚のパワーを吸収させつつやりとりを・・・うっ・・・フックアウト。

もしかして,青物????
ロッドを取り替えて,メタルジグを投げてみる。しばらく反応無し・・・・やはり,シーバスだったのか。

Dvc00019_2と,その時。
ガツンッ!
来ました(^_^)v 待望の青物。柔らかめのエギングロッドに,PE0.8号&2.5号フロロリーダー。ラインの強度は十分かも。しかし,ロッドは,「ダイワソルティストEGING832M」少々柔らかすぎるようだ(^^;) でも,その分楽しめる(^o^) 横走り&強いトルク感を十分に味わった後,上がってきたのは45センチアップの丸々と太ったサバ。

取り込んだ後,すぐさまロッドを振ると・・・ガツンッ! またまた来たよ! グイ~~~~ンと小気味よく引く青物の引きはめっちゃ楽しい!!!今度は,50センチの良型サバ。その後,もう1匹を追加。右腕に乳酸が貯まり,嬉しい疲労感を味わう。今日の釣行は,これで十分満足だ。

Dvc00016って,思っていたら・・・。しばらくして,ガツンッ!私のロッドがまたまた大きく撓る!横を見ると,同行した友人N氏のロッドも大きく撓っている。その後,交互にアタリ,小連発!めっちゃ,めっちゃ楽しい(^_^)v いやはや,こんなこともあるんだなあ。結局2人とも8匹をキープ。よいお土産がたんまりとできで嬉しさ100倍!

さてさて,どうやって食べようかな(^_-)

| | Comments (2)

念願の青物100522

ショアジギングしまなみ。
これまで何連敗??? 昨年,我が師匠から誘いを受け,ハマッたショアジギング。50センチ級のサバ,ヤズ狙いで通ってるしまなみ界隈。今年は,どうも厳しいみたい・・・。

Dvc00183そんなこんな,性懲りもなくしまなみ海道を南下。まずは,いつもの如くタンパク源の確保のため保険としてシーバス狙い。1ヶ月前は,シーバスならイレパクの状態だったのだが,なかなか渋くなっている。1バイト1ヒット,1キープ。小振りだがとりあえず,おかずを確保。このシーバスは,カルパッチョに変身して楽しませてもらった(^o^)


さあ,夜明け前メインのショアジギングに(^_^)v
しかし,ベイトが・・・(^^;) さすがにベイトがいないと青物も入ってこない。しばらく辛抱しながらロッドを振るが反応無し。数時間後,顔なじみになった釣り人さんのロッドが弧をえがく!50センチ級の丸々と太ったサバをゲット。連発するかと思いきや,それからしばらく音沙汰無し。


Dvc00181_2下げ潮になって,ベイトが入ってきた。しかし,青物は入ってきていないないのかアタリはない。すると,E氏のロッドが曲がる。サバだ!ちょいとして,またまたE氏が1本ゲット。どうも釣り方があるようだ。その後,状況も厳しく納竿・・・と,思っていたら目の前に小ナブラ!!!!!すかさずメタルジグを投入すると2秒後,ロッドにトルクがかかる(^_^)v ヒットだ!今シーズン発ヒット!!!!超気持ちいい引きだ!しかし,この初物をバラしちゃいけないと思い,取り込むまでドキドキで,楽しめなかった(^^;) とりあえず,1本ゲット。次は楽しめるかな。って,次があるかどうかは・・・。

Dvc00012 Dvc00008 Dvc00006
さてと,どうやって食べよう。昨年よりも丸々と太ったサバだ。やはり,シメサバ,サバ寿司。シメサバもサバ寿司もマジ美味かったが,シメサバをネタに握りにしたのが今回のヒット料理だった。


Dvc00010 Dvc00013 Dvc00015
それに,シーバスの握りとシーバスのお吸い物,さらには,サバのアラ炊きがいやはや美味すぎる(^_^)v

我々が撤退した後,ヤズ&ハマチ祭りがあったようだ。さあ,来週末も期待できるかな。

| | Comments (6)

ショアジギング&ボートメバル 100515

週末。ゴールデンウィーク明けの1週間は長かった・・・(^^;)心の癒しに海に行かねば。


Dvc00178 Dvc00175
まずは,性懲りもなく,ショアジギング。夜明け前に,磯周りでシーバス&メバルを一つずつキープ。とりあえず,お土産の確保。で,青物は・・・釣れてる!鯖にヤズ。50センチ程のサイズが揃っている。お隣さんのロッドは,大きく曲がるものの,私のロッドが曲がることはなかった。これで,何連敗したのだろうか(>_<)


Dvc00172 Dvc00171
今度は,夜。スヤマ船長と友人N氏と共に,因島近海へ。暗がりの磯周りで,良型メバルがヒット!やはり,場荒れしていないところでは,期待通りの結果が得られる確率が高い。25センチアップのメバルを数匹キープした。


Dvc00170 Dvc00163
しばらくして,某桟橋に上陸。このポイントは,数はでないが,サイズがいい。しばらく,パターンがつかめずシーバスと遊んでもらう。無数に泳いでいるシーバスは,本気でシーバス狙いでロッドを振れば,いくらでも釣れそうだ。ダイワのメバルロッド「熟」 このロッドは,すっかりシーバスロッド化している。60センチアップのシーバス3つと小振りシーバスの4尾をキープ。お土産用のシーバスを4つキープし,メバルに専念することに。


Dvc00169その後,潮の動きの変わり目毎にアタリが! ショートバイトの小さく微妙なアタリをうまく捕らえれば,よい釣りができそうだ。辛抱しながらロッドを振っていると・・・。コツンッというアタリに合わせるとジ,ジーっとドラグが鳴く。PEに1.75号フロロのリーダーという太仕掛け。たいていの獲物は捕れる。25アップのメバルがポツリポツリと当たっている中,強烈な引きだ!真鯛か?いや,メバルのような気がする・・・。


Dvc00164_2上がってきたのは,29センチの巨メバル。尺には届かなかったものの,嬉しい1匹だ。45~60センチのシーバス4つ。20アップのメバル12匹をキープ。MAX29センチは圧巻だった!

| | Comments (8)

GW その3 100505

GW最終日。
とりあえず,海を見るだけでも・・・と思っていたところに,スヤマ船長からお誘いのメール。グッドタイミング(^_^)v 夜明けまでの短時間の釣行へ!まだ明けやらぬ早朝,海に向かった(^o^)

半月が程よい道案内をしてくれる。なかなか雰囲気のよい海だ。出港して間もなく,スヤマ船長の開拓したポイントに到着した。満潮から下げ潮。動かない潮回りに苦戦するかと思いきや・・・数投目にヒット!いつもなら間違いなくキープする17,8センチ程のメバルが登場。しかし,今回は,20センチアップのみのキープと密かにハードルを設定していたのでリリース。(もったいない)

Dvc00153その次は,20センチ程のキープサイズが登場!釣れるじゃん(^^)/ 飽きさせないようにアタリが続く。スヤマ船長が軽く25センチアップの良型メバルをゲット!負けじと私も良型メバルを!う~ん,楽しい(^_^) すっかり夜が明けるまでにキープ17匹(スヤマ船長の釣ったメバルを含む)。19センチもいくらか混じっていたが,23センチ以上が半数,MAX27センチ。実に楽しい釣行だった。


Dvc00155短時間で,濃い釣りができた。いやはや,めっちゃ楽し過ぎる。こんな釣りをしていたら,ホント社会復帰できなくなりそう・・・(^^;)

| | Comments (4)

GW その2 100503

さてと,GWあと3日。
やはり,釣りに行かねば(^_-)
GW恒例(?)の遠征を計画。友人Nさんとともにいざ出発!つい最近まで,春らしくない寒い日が続き・・・3日は・・・夏じゃん!半袖姿でいざいざ!

Dvc00138 Dvc00137
さてさて,午後4時過ぎに到着し,さっそく第1ポイント。まだまだ明るい時間帯,しかも風がめちゃ強い。昼間,気温がかなり上昇したためか,海風ならぬ陸風が吹いているのかも。この風,釣りをするには厳しすぎるくらい強い。横殴りの風が釣りを邪魔する。しかたなく,半ば釣りを諦めて・・・(^^;) とりあえず,これでお土産確保。


Dvc00150風を背にしてロッドを振ってみると・・・ビビビッと小気味よいアタリと引き。「ふふん,ヤツだな。」そう,案の定イソベラが歓迎してくれた。ま,アタリと引きの感覚をもらっただけで感謝かな。その後強風で苦戦しながらも,良型金メバルをゲット。


Dvc00149 Dvc00148
ま,こんなもんか・・・と,思っていたらロッドに違和感。ありゃ,こりゃ,青メバル独特のアタリ。この感触は胸ときめく(^o^) ティップでなく,バットからベリーで合わせる感じでロッドを煽るとトルクフルな引きが!!!手前のガラ藻に潜り込もうとするメバルを強引に引きずり出す!!!めっちゃ楽しい(^^) 連発か?! 爆発とまでは言えないかもしれないが,プチイレパク。しかも,数匹目にチヌか,鯛かと思うくらいの強い引きを楽しんだ。28センチの青メバルを含め,10匹以上の釣果。暗くなる前,メバルバッグが重くなったところで第1ポイントを後にした。


Dvc00146強風の中,思いがけない嬉しい釣果。さあ,次はどこに行こう!ドライブしながら釣り場を探す。ちょいと中途半端な潮回り。マイクロメバルの姿のみで,すでに22時が過ぎる。ちょいと早いが,予定の第2ポイントへ。先客がいたが,様子を見ているうちに移動し,その後に入った。しばらく,ちびメバルのみ(^^;) しばらくしてポツリポツリとキープサイズが現れる。そして,護岸捨て石際でヒット!またまた28センチの良型ゲット!


Dvc00145_2満潮1時間前,激流第3ポイントへ。
間もなく,20センチほどの良型メバルがヒット。その後は,友人N氏が絶好調!コンスタントにキープ。しばらくして,私のロッドに強いトルク。玉網がいるかも・・・と思いつつ,強引に引き抜いた。ありゃま,今度は27センチ。行く先々で良型メバルに遭遇。嬉しい(^o^) 


Dvc00144そろそろ眠気が・・・。朝一番に備えてビールを注入,仮眠した後第4ポイントへ。明るくなった海面にちびメバルが波紋をつくる。しかし,良型メバルはヒットしない。中途半端な潮回りで,ちょいと厳しい状況。潮の動きも悪く,当然メバルの活性も低いみたいだ。半ば諦めていたら・・・フッと違和感。この感触は大型メバル?!予想的中だ。上がってきたのは,27センチのかっこいいメバル。目玉にスレがかりだったが(^^;) その後,動かない潮に期待を持てず,早々に帰路についた。

Dvc0014122センチ~28センチを12匹,17~20を13匹。計25匹をキープ。さほど良くない潮回りの割には,まずまずの釣果だった。数こそ少ないが,このポイントのポテンシャルはまだまだ高いようだ。


GWあと1日。明日は,娘を大学に送り届ける使命が・・・(^^;) 海にも行きたいなあ。

| | Comments (2)

GW その1 100502

GWが来た!
5日間,どう過ごそう。海に行きたいなあ。

Dvc00136 Dvc00132 Dvc00365
ここ2週間,青物ショアジギングで撃沈続き。とりあえず,夜明けのシーバスでタンパク源の確保をするものの,青物は音信不通(^^;) 通い続けてたらそのうち釣れるかなぁ。

Dvc00131さてさて,GW初日は,妻方の姉が帰省。一緒に食事をするなど一日を過ごし,二日目は,東京から帰ってきた兄家族と日帰り旅行。ブームの坂本龍馬に会ってきた。

龍馬に会うこととうどんを食べること,2つの目的で,夜が明けた早朝に出発。さすがに車の量は多いが,渋滞なくスムーズに高知に到着。桂浜には一般車両は入れず,新空港近くの臨時駐車場(無料)からシャトルバス(これも無料)で桂浜へ。8時頃には,すでにシャトルバスの前に行列ができ始めていた。しかし,待つことなくバスに乗った。

Dvc00128 Dvc00121 Dvc00120
まずは,龍馬に対面し,周辺を散策。龍馬記念館は,10時前には入館規制が(^_^;) 予想はしていたが,観光客でいっぱいだ。小腹が空いたので,軽く食事。お土産を買って,第2の目的,うどんを食べに!(^_^)v

Dvc00115_3香川まで一気に北上。目指すは,「岸井うどん」 ここは,ビニルハウスが店舗という何やら怪しいうどん屋のようだ。話題性重視で行ってみることに。お店を目の前にして,うどん客の車で渋滞。やっと車を駐車場に止めると,今度は人の行列。100人弱くらいだろうか。「ま,うどんだけなので回転も速いだろう・・・。」と思っていたのが甘かった。待つこと1時間40分(T_T) それもそのはず,厨房の中は3人。3人では,この数の客を捌ききれないだろう。3人とも疲れ切った様子。我らも待ち疲れた。やっと順番が来て,肉うどんやぶっかけうどんを注文。さっそく食べてみると・・・「美味い!!!!(^_^)v」 って,感じではなく,「うん,手打ちの讃岐うどんだな。」って感じ(^_^;) 決してまずくはないのだが,お店の人たち同様,うどんも疲れてたのかなぁ。我らも同様,疲れてしまってうどんの写真を撮るのも忘れていた。

とりあえず,2つの目的を無事達成!いざ,因島へ! 途中,岡山で少々混んでいたが,暗くなる前に帰因。早め,早めの行動が功を奏したか,なかなかスムーズな1日旅行だった。讃岐うどん,多くのお店に大行列ができているようだ。今度は,GWでない時にうどん屋巡りに行くことにしよう。

家族サービスもしたことだし,そろそろ海に行ってもいいだろう。休みは残り3日。今日からちょいと遠征してみようかな。

| | Comments (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »