« August 2010 | Main | October 2010 »

September 2010

順調に成長 100919

遅まきながら,先週末の報告を。
アオリイカは,順調に成長しているようだ。

Dvc00206先週末の金曜日。娘の大学の友達が大勢来因。我が家でバーベキューを楽しみ,親父は調子に乗って飲み過ぎる始末(^^;)。でも,めちゃ楽しい時間を過ごすことができた。翌朝一番に新尾道まで送り。その後,私のHGへ!

Dvc00091土曜日朝9時。ちょいと遅い釣行となったが,各ポイントでコンスタントに数はいずつキープ。ラン&ガンしつつ昼前まで15はい。サイズは確実に大きくなっている。エギのカラーは,オレンジが中心。色よりも潮の動きが大事みたいだ。


Dvc00087翌日,早めに釣行。しかし,潮が動かず苦戦。5つ釣って早々に帰宅。モチベーションが・・・(^^;) そして,月曜日。息子3号と釣行。釣り始めて間もなく,小さい真ダコをゲット。その後息子3号が甲イカ。しかし,釣況は厳しくなかなかアオリイカの姿は見ることができない。そんな中,息子3号が良型アオリをゲット。連発はなく,早々に納竿。


夕方,北方面のポイントで3つ,サクッと釣って酒の肴をキープ。今シーズンは,数はそこそこ居るような・・・でも,潮まわりでムラが大きいような気がする。しっかりボトムを探ることで釣果も上がるかも。

| | Comments (2)

高知遠征100911

9月10日金曜日。23時過ぎしまなみ海道を南下し,高知へ向かう。
強い引きを楽しみたくてシイラ&カンパチ&あわよくばカツオ&何でもありの五目釣りへ!

Dvc00104_2何年振りだろう,太平洋で釣りをするのは。今回のメンバーは,師匠と師匠のお父様,友人N氏と私の4人。高知に向かう車中では,以前,良型シイラがイレパクだった話やカンパチがよく釣れたことや・・・もしかして今回はカツオのナブラに遭遇するかも・・・なんて話で盛り上がった。約3時間のドライブで安芸市に到着。出港まで少しでも仮眠を・・・と,思っているのだが,興奮しているのか眠れない。そのまま時は過ぎ,午前3時40分出港となった。

Dvc00099夜明け前の漆黒の海には,いくつかの船の明かりが見える。海は穏やかで最高のコンディション。船酔いの心配もいらないようだ。2時間ほどすると,空が白み太平洋から陽が昇ってきた。オレンジ色の光に包まれる。実に美しい光景だ。

さあ,いよいよスタートフィッシング!
まずは,魚の切り身でシイラ狙い。とりあえず,お土産を確保する。最初のパヤオ(浮漁礁)でさっそくシイラがヒット!期待に背くことなくシイラが歓迎してくれる。しかし,少々小さい(^^ゞ  1,2匹ゲットすると活性が落ちる。では,ポッパーでトップを攻めてみると,ヒット!小さいながらも,トルクフルな引きとスリリングなジャンプで楽しませてくれる。 

数か所のパヤオを移動しながら,お土産を確保。でも,なんだか物足りない。もっと深い所に大物がいるのかもと,今度は,メタルジグを投入!するとフォールでコツンコツンと何かが当たってくる。数十メートル落としてからジャークジャークジャーク!すると,ガツンとヒット!これまでよりも少し大きいシイラだ。

どうやらジギングが効果的のようだ。続けて,ヒット!しかし,ちょいと引きが違う。トルクはさほどではないがよく走る。上がってきたのは,なんとキハダマグロ(の子ども)。しかし,ラインが絡まり,ナチュラルリリース。

Dvc00093すぐさま,メタルジグを投入しジャーク・・・・ふっ・・・・ラインが切れた?何?まさか太刀魚が?なんてことはないなあ。じゃ,サワラ?!ジグを装着しなおして再びジャークジャー・・・ふっ・・・ん???また?オーマイガー(>_<) 私のラインをスパスパと切っていくのは,どこのどいつだぁ〜! またまたメタルジグを装着しなおして再びジャークジャークジャーク,ガツン!よし!今度こそ!シイラとはちょいと違う感触。きっと,ラインを切った奴に違いない。水面に姿を現したのは,サワラだ。さほど大きくはないが,大歓迎。その後,サワラに60blのラインをスパスパと切り続けられるも,がんばってロッドを振り続けた。この釣りでは,さほど高価なメタルジグは必要ないようだ。持参したメタルジグのうち高価な青物用のものは,もったいないので一つしか使わなかった。サーベリング用の数百円のリーズナブルなもので充分。いやはや,どれだけメタルジグを撒いたことだろう。


Dvc001052師匠のお父様や友人N氏は,ジギングサビキに餌をつけてやっていた。ナンヨウカイワリやオキアジ,カンパチなどいろいろな魚種を見ることができた。アミモンガラなんていう見たこともない魚も姿を現した。餌釣り,ジギング,トップウォーターetc.やりたい放題,楽しみたい放題だ。画像のシイラはちょいと小さめ(^^;)


Dvc00097そんな中,今回一番の大物をゲットしたのは,師匠のお父様。サーベリングロッドで,メートル級のシイラをゲット。持参したいちばんライトなタックルでいちばん大物を釣ったのである。


その後,シイラのサイズアップの期待できそうにない雰囲気。船長さんから「ネイリ(カンパチの子)でもやってみるか。」との提案。陸に向かって移動することにした。その間,容赦なく睡魔が襲いかかる。しばらくして,カンパチのポイントに到着。さっそく,メタルジグを投入。しかし,アタリがない。辛抱するものの,辛い時間が経過する。しかも眠い(^^;) お父様と友人N氏は餌釣りに変更。見たこともない赤い魚などが姿を現すが,カンパチの気配は全くない(-_-)

Dvc00091しばらくして,ガ,ガッ!と魚がヒット! ガンガンとトルクのある引き。大物か!しかし,10mほどラインを巻き上げた頃からガンガンという引きはなくなる。根魚?海面まであと10mくらいのところで再びグングンという最後の抵抗をして私を楽しませてくれた。上がってきたのは40センチ強のマハタ。やったね(^_^)v しかしながら,その後も誰のロッドも曲がることはなく時間が経過する。そして,再び私にヒット!今度は,オオモンハタ。しばらくして,アカハタを追加。カンパチ狙いが根魚釣りになったみたいだ。(画像右はオキアジ)


Dvc00094まったりと少々退屈な時間が過ぎる。眠い・・・んっ? ナブラ発見?!海面に小魚が逃げ惑っている。4人の目が一気にギラギラ!船を近づけ,プラグを投げる。友人N氏のルアーにバイト。しかし,ヒットしない。しばらく粘るもアタリなし。海面もおとなしくなって諦めかけたとき,「やったっ!」友人N氏にヒット!何だろう(^o^)上がってきたのは,ダツ(^^;) 今まで見たことない大きさだ。1mの大物。この1匹が今回の高知遠征の最後の獲物となった。

今回の遠征では,なんと15種の魚と出会った。
シイラ,キハダマグロ,カンパチ,サワラ,ナンヨウカイワリ,ウスバハギ,ツムブリ,オキアジ,マハタ,オオモンハタ,アカハタ,カサゴ,ダツ,アミモンガラ,そして,謎の赤い魚(^^;) いろんな釣り方で,いろんな魚に出会えた。しっかりと太平洋を堪能し,帰途についた。言うまでもなく,睡魔との戦いが待っていたのであった。


さてさて,釣りを楽しんだ後は,食べる楽しみが待っている(*^_^*)

| | Comments (6)

週末の海 100905

めっちゃ暑い! 何っ!この暑さ(>_<)
異常だ。昼間の釣りはままならないが・・・。
でも,海には行きたいな(^^;)

Dvc00084さてさて,土曜日。
強敵の太陽が高く昇り,その威力を発揮する前に,アオリイカの調査第2弾。いつもの釣り場に着くと,顔見知りの釣り人に遭遇。しばし,話をした後,磯に入る。少々小さいが,食べるには美味しいサイズのアオリイカがヒットする。各ポイントで2はいくらいずつキープしながらランガン。とりあえず,一通りのポイントを調査し,キープ16はい。max13センチともなれば,もうアオリイカシーズン開幕かな。


Dvc00083で,お次は日曜日。
先週のタイラバ撃沈のリベンジ。で,返り討ちで再撃沈。お土産確保にボートエギング。サイズは,陸から釣るのとさほど変わらないが,中には13センチオーバーも。イカ三昧で芋が進んだ日曜日だった(^_-)


Dvc00156 Dvc00158 Dvc00157
アオリイカは,やはり美味い(*^_^*)
小さいのは姿煮,刺身,ゲソポン,照り焼き,お好み焼き,焼きそば,沖(陸)漬け。とりあえず,週末にはこれだけのイカ料理を楽しんだ。これから毎日のようにイカが肴に(^_^)v 我が肝臓よがんばれ!!!


またまたメバルの情報は当分先になるのだろうか。これから,IKA-Yと化す可能性大だもんなあ(~o~)

| | Comments (4)

« August 2010 | Main | October 2010 »