« September 2010 | Main | November 2010 »

October 2010

アオリ連発! 101022

やはり,やはり,夜がいい(^_^)v

出張から帰宅し,呑むのをグッと我慢しつつ海に向かった水曜日。Dvc00117日暮れと同時に5連発!サイズは15センチ級。少し潮が上がってきて近くの別ポイントに移動。で,第1投。グウィ~ン!!!!!とトルクがかかりジーーーーーーーーーーーッ!とドラグが(@_@)// デカイぞ!ドラグを締めて力強いジェット噴射を楽しみつつリールを巻く。慎重に抜き上げて,ドスンッと横たわるアオリイカの姿を見て思わすニヤリ。今季最大23センチ650グラム。その後20センチ級を2つ追加し,納竿。2時間弱の釣果に大満足。

Dvc00116で,そうなれば次の日も行きたくなるのが釣り人(^^;)
20時前,なんとか仕事を終えて海に向かう。前日と違う所にイカが溜まっているらしい。キャストする方向を少しずつ変えながら探っていくと,期待通り,ドン・ドン・ドン・ドン!と4つ。

Dvc00115そして,ム~~~~ンという独特の感触にあわててロッドを煽り,ドラグを締めつつリールをゴリ巻き。タコだ。よいお土産ができた。潮が上がってきてから,プチ移動。そこで3つ追加し納竿。この日は1時間ちょいと短時間でなかなか満足の釣りができた。後から友人N氏が20アップの良型アオリを釣ったそうだ。やはり,あのポイントにはデカイのが潜んでいるようだ。


となれば,休日前夜は釣り放題(^_^) 
仕事が終わって20時前から意気揚々と海に向かう。さっそくロッドを振ってみるが,アタリがない。しばらく,イカの溜まっている所を見つけようと,あちらこちらにキャストしてみる。そして,やっと1つ。で,ドン,ドンッ!と2連発。しかし,その後アタリが遠のきプチ移動。

Dvc00114ここからパラダイス!第1投目からドンッ!2投目でズンッ!3投目もムンッ!3連発・・・そして,またまたドンッ!調子よすぎじゃない?!その後も釣れる,釣れる,釣れる・・・・・アタリが遠のく・・・・・いや,釣れた。またまた,釣れた。そして,ズドンッ!!!ドラグがジーーーーーーーーーーーッ!一昨夜のbigoneよりも大きいかも。潮の流れもあり,リールが巻けない,動かない。ゆっくりと寄せて抜き上げる。一瞬「キロアップ?!」と思わせるような,丸々とした迫力のある姿を見て(^_^)v 今季の記録更新24センチなんと800グラム。数もサイズも大満足。そろそろ納竿しようかと・・・でも,ドンッ!ありゃ,帰れない(~o~) では,下げの潮が動き出すまで様子を見ることに。やはり,潮が緩くなるとアタリは遠のくが・・・でも,ドンッ!持参のバケツがいっぱいになったところで納竿。3時間半で15~24センチを合計25はい,内20センチ級が5はい。

日付が変わる前に帰宅し,アオリイカの刺身で一杯。土曜日の早朝,海に行こうと思っていたが,しっかりと心が満たされたのでゆっくりと体を休めることにした。「今年は,サイズは今ひとつだが数はいる。」と感じていたのだが,夜のサイズはなかなかのもの。さてさて,今後は呑むのを我慢できるかどうかが問題だ(^^;)

| | Comments (4)

アミパターン? アオリのライズ? 101017

今回は,面白いもの?に遭遇。

Dvc00112まずは,夜明け前の某桟橋でエギング。ロッドを振っていると,3,4はい,いや,もっと多い。7,8はいのアオリイカが表層を潮の流れに沿って泳いでいるのを発見。まずまずのサイズだ。「こ,これはもらった!」と,エギを投入するも反応無し。速いジャークもフォールいろいろとアクションを試みるものの・・・。流れに向かって足を開きもぞもぞしているアオリイカ。アオリイカにもアミパターンがあるのか?!こんな状況だとボトムを狙っていいのか,表層を狙うのか。どうなんでしょ。この日は何とか夜明けに一つゲット。


Dvc00109お次は,ライズ?!
潮通しのよいポイントでのこと。サヨリか何かのベイトが時折ピシャピシャ・・・。「この下にアオリイカが居るはず。」と,海面を凝視していると,プシュプシュッとジェット噴射を目撃!ありゃま,ベイト目指して表層まで浮いてきたアオリイカが獲物を捕らえて潜る瞬間なのか。まさにアオリイカのライズ。すかさず近くにエギを投入。エギを表層から少しだけフォールさせ,速いジャークでストップ・・・で,ドンッ!(^_^)v 活性が上がったアオリは元気いっぱい。狙い通りの一投。こんなこともあるんだな。


今週末は,たくさんのアオリイカを目視。数はけっこういるようだが,スレているのか思うようには数が伸びない。それでも,今後しばらくは楽しめそうだ。

| | Comments (4)

海に山に 101010

Dvc00007この週末は恒例になった?我が家の行事,大山登山。
日曜日の早朝,大山目指していざ出発。天気は・・・雨?(^^;) 順調に車を飛ばして大山到着。予想通り大山は雲の中。ま,こういうのも一興。山の上からの景色も楽しみの一つだが,家族で過ごす時間こそが目的。

Dvc00008子どもたちはさすがに元気いっぱい。登りも下りも先に先に・・・おかげで夫婦仲良く,いろんな話をしながら二人だけの時を楽しめた。そう,そもそも山登りなんて私にとっては,決して楽しいものではない。海でロッドを振ってる方が100倍楽しいかも。しかし,山登りの時間は,ずっと家族で一緒の時間を共有できる。う~ん,なんて言うか・・・ま,そんなこんな,しんどいけれど大事な時間が作れる感じがする。

ま,屁理屈はどうでもいいが,今年も無事山頂に到着。一瞬でもガスが晴れるのでは・・・と,少々期待もしていたが見事に真っ白な世界を堪能した。天然ミストを存分に浴びた。来年は晴れるかな。


Dvc00104 Dvc00108 Dvc00107
さてさて,海は・・・。
こちらは,いつも通り・・・って感じかな。連休の最終日は厳しいようだ。土曜日,雨上がりの夕方1時間で6はい。サクッと釣って早々に帰宅。なかなかよい釣りだ。

月曜日の早朝,期待して同じポイントに向かったが,粘って粘って何とかおかず確保。潮回りも大いに関係あるのだろうが,やはり,多くの釣り人が連日叩いたポイントは厳しい。すでに我が島のポイントは全て知り尽くされているかもしれないが,違うポイントをなんとか探さないと・・・(^^;)

| | Comments (2)

潮が動かず苦戦 101002

Dvc00100土曜日は,朝一番からいつものポイントで,小さめのアオリを拾い釣り。どうも潮の動きが悪いせいか釣況も思わしくない。何とか6つキープ。期待薄と思い,もっと潮通しのよいポイントに移動。ここで,ポツリポツリと5つキープ。釣行しやすい潮位の週末だったが,潮の動きが悪いせいかアオリの活性も上がらなかったのかもしれない。


Dvc00101曜日。さらに釣況は悪化していたような(^^;) 満潮時に釣行したのもあり,全く動かない潮に苦戦。っていうより,アタリがでない(~o~) 小さいのを一つキープしたが,心が折れ早々に帰宅。昼前の干潮前後,別ポイントに期待して海に出たが・・・強風(*_*)人間の活性も上がらず,またまた一つキープして早々に帰宅。家族でのんびりと過ごしたお休みとなった。

| | Comments (4)

夜がいいかも100926

アオリイカも順調に?大きくなり,それと共に数釣れなくなってくるこの時期。ボトムを意識して辛抱しなければ。

Dvc00096さて,先土曜日は,久しぶりにSEKIZENさん,のぶさん,ソルTさんとご一緒した。釣況は,今ひとつだが,SEKIZENさんが良型3連発。さすがだ。私といえば,小さいのを中心に6つ(^^;)
みなさん,またご一緒しましょう。

Dvc00094さてさて,翌日曜日。
朝・夕,短時間で別ポイントに釣行。サイズがバラバラ大小入り交じっているようだ。暗い方が警戒心が薄れるのだろうか,夕方日暮れ時に連発。今後は夜釣りの方が効率よく釣れるかも。

| | Comments (3)

« September 2010 | Main | November 2010 »