« 幻の料理 101115 | Main | さらに幻の料理(^^;) 101117 »

幻の料理その後 101116

さてさて,幻の料理パート2
Dvc00229 Dvc00228 Dvc00225
まずは,煮付け。これについては,コメントはいらないだろう。料理屋さんで食べたらいくらするんだろう・・・あ~贅沢贅沢。この煮付けに,アコウのアラのみそ汁とお漬け物を合わせて,『アコウの煮付け定食』(^o^) いやいや『アコウの煮付け御膳』かな(^^;) 吸い物も美味しいが,みそ汁もいい出汁が出て最高! 食前に肝と胃袋の煮付けを肴に一杯呑んだことも付け加えておこう。

さらに,幻の料理パート3
Dvc00224 Dvc00221 Dvc00222
アコウのにぎり寿司三品。スタンダードな握りと青じそを挟んだもの,そして,皮を付けて炙ったアコウの握り。これは予想通りの絶品!息子3号はパクパクと,私が握っては食べ,握っては食べ・・・食べる食べる(^_^) さぞ美味しかったのだろう。

Dvc00220そして,中華風酒蒸しを加え和中折衷(?)。この酒蒸しも定番となりつつある料理だ(詳しくは「我が家の食卓」をご覧頂きたい)。握り寿司も酒蒸しも,どちらも自信をもってお勧めできる料理だ。

こうして我が家のアコウ料理のレパートリー全てを堪能した・・・と,思いきや・・・実は,美味しい締めくくりがもう一つ(^_-) もう少し幻の料理シリーズはつづく・・・

|

« 幻の料理 101115 | Main | さらに幻の料理(^^;) 101117 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

 幻ずくし 裏山歯科!です~

 神経〆 死後硬直が、遅れて 旨いですよね~

 鯵を 自分でやりますが、ぜんぜん味が、違いますね!

 メバルがアコウになるとか・・・

 グチの刺身は、鯛より旨いかも???

Posted by: SEKIZEN | November 17, 2010 at 22:22

●SEKIZENさん
やはり神経〆の効果ありですか。
わたしゃ,釣ったその日や翌日には食べるので,ふつうに〆るだけでした。青物などは血抜きをして。
今度,神経〆やってみます。メバルがアコウに(^_-)

Posted by: MEBARU-Y | November 18, 2010 at 07:04

嬉しい食生活送られて鱒ね~!!

今日、携帯からも拝見できるよう、設定いたしました~!!

Posted by: のぶさん携帯 | November 18, 2010 at 17:23

●のぶさん
そ、そ。携帯でもOK!
よろしくです。

Posted by: MEBARU-Y | November 18, 2010 at 18:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 幻の料理 101115 | Main | さらに幻の料理(^^;) 101117 »