« 幻の料理その後 101116 | Main | サーベリング 101120 »

さらに幻の料理(^^;) 101117

さらにさらに,幻の料理パート4

Dvc00240 Dvc00239 Dvc00235
以前,「鯛飯」にならって「メバル飯」を作ったのが正解だった。ならば「アコウ飯」だって美味しハズ・・・と,思いつきさっそく挑戦!作り方は,「鯛飯」と同じ要領で(詳しくは「我が家の食卓」をご覧頂きたい)。ただ,アコウのヌメリが気になるので,炊飯器に入れる前に軽く素焼きした。こうすることで,臭みも取れて香ばしさも加わると思う。ゴクリと唾を飲み込みながら,炊きあがったご飯にアコウの身をほぐして・・・ 刻み海苔をパラパラとふりかけできあがり。このアコウ飯,しつこくもなく,ご飯そのものの味を邪魔することなく,尚かつ旨味を醸し出す。いやはやまたまた贅沢贅沢(^_-)

Dvc00237 Dvc00234
普段なら一匹のアコウをどうやって食べようかと迷いに迷って,調理するのだが,今回こんな食べ方までできるなんて・・・。また一つ我が家の食卓の新メニューに追加。自信をもってお勧めできる料理が増えた。アコウのアラ煮とみそ汁を付けて,『アコウ飯御膳』。これが最後の贅沢となり,超豪華な我が家の食卓は終了したのであった。


Dvc00231_2あっ!そうそう,冷蔵庫に貼り付けたこんなオマケも(*^_^*) アコウの鰭酒って美味しいかな。

|

« 幻の料理その後 101116 | Main | サーベリング 101120 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 幻の料理その後 101116 | Main | サーベリング 101120 »