« 秋の連休再びvol.1 111010 | Main | 幻の魚を求めて 111023 »

秋の連休再びvol.2 111010

Dvc001641日目,2日目としっかりと楽しんで,締めくくりの3日目は,オフショアフィッシング。師匠からお誘いを受け,近海でのタイラバ&青物ジギングを楽しむことになった。夜が明けて,待ち合わせの桟橋に向かった。実にすがすがしい朝だ。潮の香りと秋の空気を胸いっぱいに吸って海を眺める。すると登る朝日とともに師匠の登場である。

Dvc00159ロッドを船に積み込み,間もなくスタートフィッシング。
まずは,ナブラ撃ち。広い範囲で,ヤズがボイルしている。単発だが,あちらこちらにボイルし,カモメの動きも活発だ。チャンスあり!これならイレパクかも・・・期待を胸にさっそくロッドを振る。しかし,思うようにはいかない。ルアーを追っかけてくるヤズの姿は見られるが口を使わない。ルアーを交換しながらキャストを繰り返しているうちに ガツッ!! 青物の強いアタリ,そして,すぐさまトルクフルな引きでロッドを曲げてくれる。さほど大きくはないのだが,やはり青物。よく走る。40センチちょいくらいだが,丸々としていていかにも美味しそうなヤズをキャッチ(^^)v
時間とともにボイルは,少しずつ減っていく。カモメとともに移動しながら魚を追うが・・・。しばらくして再び,私のロッドが曲がる(^v^)何度味わってもこの強い引きはおもしろい!右に左によく走る。浮いてきたかと思うと,ドラグが鳴って糸が出ていく。今度はちょいとサイズアップ50センチ弱のプリプリしたヤズだった。

Dvc00161その後,ボイルの回数も減ってきたところで,メインのタイラバポイントに移動することとなった。朝の空気は美味しい。奇麗な瀬戸の風景を眺めながら,つくづく海の魅力を感じるオヤジである。さてさて,タイラバフィッシングのスタート。ジグが着底するとともに巻き巻き・・・。これを繰り返す。
しばらくして,師匠にアタリ。
30センチ程の美味しそうな真鯛をキャッチ。
確かに真鯛はいる。
そう確信してリールを巻き巻き・・・。
しばらくして,師匠にアタリ。
今度はマゴチ。
コチも釣れるんだ。
それなら自分もと,リールを巻き巻き・・・。
しばらくして,師匠にアタリ。
またまた,美味しそうな真鯛をキャッチ。
フムフム,やはり釣れるんだ。
では,自分もと,リールを巻き巻き・・・。
しばらくして,師匠にアタリ。
ん?ん?ど,どうして私にアタリがない?
どこが,どんなに違うのだろうか?

しばらくして,師匠のタイラバを借りると・・・やっと一つゲット!(^o^)
とりあえず釣果の違いは,「ラバージグの差」ということにしておこう(^^;)

Dvc00154_2そうこうしていると,すでに陽が西に傾いてきた。帰港しながら,海の様子をうかがうと・・・ボイル!朝よりも大きそうな魚のボイルだ!ベイトが逃げる方向と同調するようにルアーをキャストすると・・・ヒット! ググンと朝よりも強い引きだ。ショアジギング用のロッドが大きく曲がる。リールからドラグの音を立てながらラインが出て行く。ブリくらい元気がいい。60センチを超える,丸々としたハマチが姿を見せた。次の瞬間,またまたラインを引きづり出すように抵抗する。面白い(^_^)v 思いっきり青物とのバトルを楽しんで無事キャッチ。その後すぐに,師匠のロッドも大きく曲がり,二人仲良くハマチをゲットすることが出来た。

Dvc00155その後,師匠がアコウを一つ追加して納竿となった。(画像は師匠からの頂き物も含む)タイラバには少々苦戦したが,青物の強い引きを堪能し,めちゃ楽しい一日となった。やはり,ホントに海はいい(^_^)

|

« 秋の連休再びvol.1 111010 | Main | 幻の魚を求めて 111023 »

ジギング」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

Comments

 丸々と肥えた ハマチですね 脂のってて さぞ 旨いJAROね〜

 私も 今朝 8Kgのブリを 捌きましたよ!

 といっても 釣った訳じゃありませんが・・・

 クライアントが、正月売り出し用にと 撮影商品でした〜

 撮影後 処分(食べて)して下さいと 頂き物です〜 (笑)

Posted by: SEKIZEN | October 21, 2011 at 13:37

●SEKIZENさん
この時期の青物,脂のっててめちゃ美味しい(^_-)
小さいヤズでさえ,脂のりのり。
また釣りたいなぁ。

ブリ。たまらんでしょう(^o^)

日曜日,ソルTさんと幻の魚を釣ってきましたよ。

Posted by: MEBARU-Y | October 25, 2011 at 21:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 秋の連休再びvol.1 111010 | Main | 幻の魚を求めて 111023 »