« January 2012 | Main | March 2012 »

February 2012

サビキめばる120225

サビキめばる120225
またまたオフショア〓
美味しいめばるをゲット〓

| | Comments (0)

磯歩き&ボートめばる 120211

先週末,2人の息子と磯歩きを楽しんだ。そして,またまた,またまたオフショアでメバルも(^v^)


土曜日早朝,大学から帰省してきた息子2号を加え,息子2人と磯歩き。今回は,あわよくばサザエ&アワビに出会えたら・・・ってくらいで,メインはナマコと若布に照準を定めいざ出発。磯に入ると,若芽は見つけるのに難しくはない状態。ではまず,サザエ,アワビ,ナマコの捜索。しかし,サザエ・アワビどころかナマコの姿もなかなか見ることができない。


Dvc00002_2そんな中,やっぱり息子3号がやってくれた。見事なアワビを見つけ,慌てるでもなし,ごく冷静に「父さん,これアワビじゃろ。」と(^^ゞ さすがとしか言いようがない。磯に関しては,息子3号の眼力を,嗅覚を,尊敬するしかあるまい。私は,かろうじてサザエをいくらか見つけ面目を保った。ナマコと大量の若布をお土産に加え,磯を後にした。親子3人,楽しい時間を過ごしたことに感謝!(^^)v


さてさて,翌日曜日の夜明け前。スヤマ船長にお世話になってボートめばるを楽しんだ。
この日は極寒。船のデッキには霜がつき,まるで冷凍庫の中にいるよう。そんな中,最初のポイントに到着。期待を込めてロッドを振るが・・・ノーバイト。めばるはいそうだが無反応すぎるので,次のポイントに移動するも無反応(^^ゞ そして,3つ目のポイントでしばらく粘るが・・・ノーバイト(~_~) 


そして,4つ目のポイントへ。雰囲気はいい。しかし,バイトがない。ここもダメか・・・と,思っていたら流れてきた海藻でも引っかけたか,ロッドを曲げながら,のわぁ~っと重い「ゴミ」としばし格闘。同じタイミングでスヤマ船長も「ゴミ」がかかったらしく「もしかして,同じ海藻を引っかけたかもね。」と話していた。が,が,が!何ということでしょう(^^)上がってきたのは「ゴミ」でなく,25センチ級の良型めばるではないか!2人とも(^^)v

Dvc00019コツリとも微妙なアタリすら感じ取れず,しかも,暴れることなくゴミのように上がってきためばる。どういうこと?たまたま釣れためばるだが,ま,とりあえず1匹は確保できた。どうもやはり活性は高くはないようだ。ボトム辺りにワームを流れにのせて流していたら「フッ」とか「コッ」とかいう微妙なアタリが出始めた。バイトがあってもうまくフッキングしないこともしばしば・・・。けっこう神経質な釣りだ。しかし,上がってくるのはまさに型揃い。すべて25センチ級。スヤマ船長は28センチ級もゲット。

Dvc00020冷凍庫状態の中,しばし粘ってお土産確保。夜が明けて,磯場のポイントに立ち寄ったが今一つ。早々にストップフィッシングとなった。この日の天気と同じく寒~い釣果になるかと思ったが,どうしてなかなか。気候,魚の活性を考えると,辛抱は必要だったが,良型が揃った満足できる釣果となった。

スヤマ船長,お世話になりました。そろそろ,めばるの活性が上がってくる頃。
また,お願いしますね(^^)v
今度はイレパクかも(^_-)

| | Comments (0)

サビキめばる 120204

先週末,またまた,オフショア。初めてのサビキめばるに挑戦した。
タチウオも釣りたかったが,どうやら渋い状況らしく,めばるに照準を合わせていざ出港!

Dvc000131時間ほど船を走らせまずは第1ポイント。年に何回かは来ているショアから狙う絶好なめばるポイントの沖である。船から見ても,その通い慣れたポイントは,いかにもめばるが居そうに見える。わざわざ船に乗らなくても釣れそうなのだが,そうはいかないのが釣りの難しさ。今回は,ショアから届かないポイントで釣ることができるので,ちょいと期待してしまう。

さてさて,さっそく魚探に魚影が見える。師匠が,第1投目で25センチ級の良型めばるをゲット。こりゃ,爆釣かと思いきや後がなかなか続かない。何投目かで,私にもヒット!・・・・しかし,痛恨のバラシ(~_~) あちらこちらのポイントを転々としながら,1匹,2匹・・・ポツリポツリとキープ。どうも,連発はしないようだ。

魚探に映ってはいても,活性が低く口を使わない状況。20センチ弱のめばるが鈴なりになった時には,「これから爆釣?!」と期待が大きく膨らむのだが,誰かが何匹か釣るとアタリがなくなるというパターンの1日となった。最後のポイントで,良型を数匹追加してストップフィッシング。


Dvc00011Max27センチ,計16匹。25センチ級が4匹。とりあえず,おかずは確保したのだが,めばる釣りで20匹に届かなかったのは,ちょいと消化不良。師匠は,私の倍くらい釣っていた。どこがどう違うのか分からないが,やはり腕の差は歴然。


Dvc00009ちなみに,27センチと20センチのめばるを並べてみると,こんなにも違うんだとつくづく・・・。25センチ級のめばるの爆釣を願って近々リベンジを(=^・^=)

| | Comments (4)

貧果だったので・・・我が家の食卓 120131

2週間ぶりの海。
Dvc00233_2メバルに会いに行ってみた。干潮前後の2,3時間,ちょこっと釣って,ちょこっとおかずを確保して・・・なんて,思っていたけど・・・いつものポイントはノーバイト。満ち上がりにポイント移動しても・・・帰りがけに2匹(^^ゞ 家族3人分のおかずにもならなかった。こんなはずではなかったのだが,寒さに負けて退散したのであった。もしかして,プラグの方がよかったのかも。今度は,準備万端にして海に向かわなければ(~_~)


ちょいと寂しので今年初のタチウオ料理でも。とはいってもバリエーションが増えることなくワンパターンだが・・・美味しいので紹介しよう(^^ゞ

Dvc00061 Dvc00003 Dvc00002
まずは,刺身。今回は,大型タチウオだったので,刺身をするのにも包丁を入れやすかった。小さいタチウオは,皮を剥ぐと身が分裂してしまうことが多いのだが,今回は,ちゃんとスライスした刺身にすることができた。脂がのって甘い刺身は,ブリのようにこってりしてなく,あっさりといくらでも食べることができる。カルパッチョもユッケ風もなかなかのもの。

Dvc00053 Dvc00058 Dvc00054
そして,ご飯もの3品。1品目は,にぎり寿司。皮なし,皮つき,炙りの3種。どれも美味い。皮と身の間の脂が甘く,皮つきは噛めば噛むほど甘味が増す。炙りは,香ばしさが加わり,我が家の一番人気である。2品目は,刺身や寿司ネタを作る時に出る「切り落とし」の身を酢飯にのせてミニタチウオ丼に。3品目は,タチウオ茶漬け。毎日いろんに楽しんだ。

Dvc00051 Dvc00049 Dvc00050
ご飯のおかずは,塩焼き,煮付け,唐揚げ。今回ヒットだったのは唐揚げ。ホクホクとしかもクリーミーな食感でめっちゃ美味い(^^)v これはホントにお勧めである。

Dvc00057 Dvc00052 Dvc00056
酒の肴は,内臓の煮付け,背びれのから揚げ,兜焼き。小さいタチウオでは頭は食べるところが少ないが,指5,6本のサイズだと,十分食べるところがある。

こうして,1週間。毎日タチウオ料理を堪能。4日目になるとさすがに,火を通した料理をする我が家。鮮度は,日に日に落ちていくのは仕方ない。少しでも魚の鮮度を保つためには,タッパに入れた魚から水分が抜けていく(切り身の魚は特に)ので,その水を毎日拭いて取り除くことが大事。釣った魚を大事に食べることも我が家のルールである。

| | Comments (0)

« January 2012 | Main | March 2012 »