« December 2012 | Main | February 2013 »

January 2013

磯歩き 130128

磯歩き 130128
週末は、強風&仕事で海に行くことができず(>_<)

月曜日早朝はかなり潮が低くなる。ならば、潮風に吹かれるだけでもと、癒しを求めて近場の海へ。

1時間程歩いてナマコやレイシをゲット。若布も2週間でかなり大きく成長していた。

潮風に癒されながら、酒の肴を確保できるのだから、やはり海はいい(^_^)

| | Comments (0)

家族でドライブ 130119

家族でドライブ 130119
家族でドライブ 130119
天気の良かった週末。家族でドライブしてきた。

久しぶりに呉の町を散策。楽しい時間を過ごすことができた。

| | Comments (0)

初釣り 130120

初釣り 130120
今年の初釣りはメバル。
オフショアだけど(^^;)

サビキメバルで、イレパク・・・と言っても小さいのばかり(^^;)
時折良型が混じるが、やはり全体的に小さい。リリースしながら我が家の食材確保。

いい天気で、一日海を楽しんだ。魚の引きもしっかり楽しめた。

メバルは産卵後で、まだ食い気がないみたいだ。もう少ししたら、爆釣も期待できるかな。

| | Comments (4)

磯歩き 130112

磯歩き 130112
新年初の海は、磯歩き。
親子3人でいつもの磯を歩いてみた。

第1ポイントで、サザエとセトガイをゲット。そして、息子2号がまたまたタコを見つけた(^_^)

第2ポイントに移動して期待大の離れ岩へ。しかし、期待外れ。サザエはいない。撃沈かと思いながら歩いていた。しかし、しかし、最後の岩の下に大きなサザエがザクザク(^_-)オマケに近くの小さい石をひっくり返したらアワビを発見!

お土産を確保して帰宅。磯の幸を存分に楽しんだ。

| | Comments (2)

春の七草 130107

春の七草 130107
春の七草 130107
春の七草 130107
今年も七草粥を楽しんだ。すっかり我が家の行事となってるような(^_^)


せり なずな
ごぎょう はこべら
ほとけのざ
すずな すずしろ
これぞ 七草
と、昔から七草粥を食べると、病気にならないと言われる。

しかしながら、ついつい一杯呑んじゃうんだから効果なし?(^^;)


今年は、ヤズの塩麹漬けを一緒にいただいた。程よい塩味で七草粥と絶妙の組み合わせだった。

| | Comments (0)

新年の食卓 130106

初釣りの予定が未だ無く,悶々としながらあれこれと思いを馳せながら過ごした週末。
う~ん,こんな時はとりあえず我が家の食卓の話題でも(^^;)


今年は,ちょっとしたおせち料理に挑戦。
年末釣り納めの獲物も加えて,正月を迎えることができた。やはり,少しでも海の幸があれば,幸せなMEBARU-Y。自己満足な正月を過ごし,飲み過ぎて・・・って,飲み過ぎはいつものことか(-_-)

Dvc00008 Dvc00007 Dvc00006
黒豆,田作り,昆布巻き,菊花カブ,酢レンコン,サザエの煮付け,数の子,伊達巻き・・・決して豪華ではないが,おせちの定番料理を妻とともに(^o^) それを,一人ずつに取り分けて,お屠蘇に金粉を浮かべて,正月の雰囲気を楽しんだ。若い頃は,こんな料理は好んで食べようとしなかったが・・・この世に生を受け半世紀以上も経つと,こんなことが何となく大事に感じたり(^_^;) 子どもたちに雰囲気だけでも伝えることができたかな。


Dvc00033 Dvc00013 Dvc00012
釣り納めでゲットした魚と冷蔵庫にストックしておいたアオリイカで刺身の盛り合わせとにぎり寿司を作った。これでちょっとは豪華さが加わった???かどうかは分からないが,これは美味かった。特にタチウオの刺身やにぎり寿司は好評だった(^_^)v


Dvc00004_2 Dvc00001
お屠蘇を楽しんだ後は,やはりお雑煮。
我が家のお雑煮は,牡蠣を加えたものが定番。妻も牡蠣のお雑煮の作り方は完全マスター(^_^)v 手前味噌かもしれないが,みんなに食べさせてあげたくなるくらい美味い(*^_^*)
牡蠣のお雑煮に加えて,今年は蟹のお雑煮も作ってみた。これも美味い!やはり魚介の出汁は強者。旨さに深みを加えてくれるようだ。


新年早々,飲み過ぎ・・・今年一年,肝臓をいたわらねばと・・・(^_^;)
明日は,七草粥で胃を一休みさせるかな。

| | Comments (0)

謹賀新年

謹賀新年
明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたしますm(__)m


2013年も海を楽しみましょう!

| | Comments (4)

« December 2012 | Main | February 2013 »