« September 2013 | Main | November 2013 »

October 2013

我が家の食卓131028

我が家の食卓131028
我が家の食卓131028
我が家の食卓131028
朝夕肌寒くなってきた。そろそろ鍋が恋しい季節。
ってことで、アコウ鍋。

アコウのぶつ切りとしゃぶしゃぶ用の切り身も用意して(^^)v

アコウのぷりっぷりの食感と旨味とコラーゲンを存分に味わった。釣りしてて、ホントに良かった(*^^*)

| | Comments (2)

シリウス131027

シリウス131027
今回は、サーべリング&タイラバ。
まずは、サーべリング。近場の
ポイントは、今一つみたいだったので、ちょっと遠征。

初めて間もなくアタリが!モーニングタイム(^^)vしかし、リズムに乗り切れず、モーニングタイム終了。早々に、タイラバに切り替え大移動。

いくつかポイントを回ったところで、ゴンッ!46センチの立派なアコウをゲット(^^)v

その後、船内真鯛の連発もあり、またまた楽しい時間を過ごすことができた。

サーべリングもタイラバもリズムに乗り切れなかったが、ま、それは贅沢な話。これたけのお土産があれば、文句なし。

| | Comments (0)

我が家の食卓1310232

我が家の食卓1310232
鱧の白焼き

こ、これは、美味しい!
シンプル・イズ・ザ・ベスト(^^)v
美味すぎ。

①鱧の切り身を酒に浸ける。5分位でいいかな。もっと長くてもいいとおもう。
②魚焼き用のグリルにアルミホイルを敷いて、水気(酒)をきった鱧の切り身を皮を下にして3分くらい焼き、裏返して5分くらい焼く。皮に焦げがつくくらい。
③皿に盛りつけて完成。塩か山葵をつけて頂きます。

ちょっと焼き過ぎた感じだったが、これがまた、マジで旨い(*^^*)

| | Comments (0)

我が家の食卓1310232

我が家の食卓1310232
我が家の食卓1310232
アジの一夜干し

アジを開いて、塩水に浸けて干すだけ。

我が家では、塩水の濃さや浸けておく時間は、季節や天気をみて変える。

寒くて天気の良いときは、薄塩。暑く物が腐りやすい時は、濃く長く。っていう感じ。

鯖もアジも、この時期は脂がのって美味だと思うのは、私だけ?
ホント、美味しいんてすけど(^^)

| | Comments (0)

我が家の食卓131023

我が家の食卓131023
鱧のきのこと野菜のあんかけ

癖のない鱧にマッチしたとても美味しい料理になった。鱧は、どんな料理にしても旨い!

①鱧の切り身に軽く塩胡椒し、片栗粉をうっすらまぶす。
②短い時間でサッと揚げる。
③餡を作る。シメジやエノキ、ニンジンetc.お好みの具材に塩胡椒をしていためる。そして、出し汁と醤油、塩で味を整え、水溶き片栗粉を加える。
④揚げた鱧を皿に盛りつけて③の餡をかければ、出来上がり。

| | Comments (0)

我が家の食卓131022

我が家の食卓131022
ザ・しめ鯖
今回の鯖は、小ぶりだったが、春の鯖より脂がのって美味。


レシピは、右リンクの因島発芸予諸島雑魚釣り日誌webページの「我が家の食卓」をご覧下さい。

まだまだ続く我が家の食卓(^^;

| | Comments (0)

我が家の食卓1310212

我が家の食卓1310212
我が家の食卓1310212
鱧の湯引き梅肉ソース&鱧のお吸い物

まずは、鱧料理の定番湯引きに挑戦。
①鱧の切り身を熱湯で湯引き。15〜20秒位でいいらしい。
②湯引きした鱧を氷水にさらす。これも短時間で。
①と②の作業をひと切れずつやっていった。
③梅肉ソースを作る。梅干し3個の種を取ってみじん切りにし、酒大さじ1、醤油と味醂各大さじ3分の2を合わせる。
④鱧を皿に盛りつけて梅肉ソースをかけて出来上がり!


鱧のお吸い物
①湯引きしたお湯に少し出汁を加える。鱧の出汁も出てるのでお好みで。
②塩と醤油で味を整える。
③湯引きした鱧の切り身を入れるだけ。


初めて作ったにしては、上々のでき具合。味もなかなか(^^)v
鱧は、夏が旬らしいが、今回の鱧も、旨かった。骨切りも素人にしては、上々かな。

魚料理を作っている時も、釣りを趣味にしてて、ホントに良かったと思う(^^)

| | Comments (0)

我が家の食卓131021

我が家の食卓131021
我が家の食卓131021
我が家の食卓131021
我が家の食卓131021
初めて釣った鱧。
さてさて、どうやって食べようかな。
その前に、捌かなくては・・(^^;

ネットで鱧の捌き方を検索。見よう見まねでやってみた。
①包丁でしごいて、鱧のヌメリを取る。この作業は大事。ヌメリがあると、後の作業がやりづらくなるかな。
②中骨を外す。穴子と同じようにすればOK。腹の骨も削ぎ落とす。
③背鰭を外す。
尻尾の方に包丁で切り目を入れて、頭の方に向けて引っ張る。
④骨切りをする。
これが命!
ジャリッ、ジャリッという音を聞きながら、できるだけ細かく包丁を入れて行く。1ミリは、無理でも、2ミリ以下の間隔かな。
⑤食べやすい大きさに切る。

これで、仕込み終了。
さて、どんな料理に・・・(^^)

| | Comments (0)

我が家の食卓131020

我が家の食卓131020
我が家の食卓131020
久しぶりに手に入れた尺アジ。

期待を裏切らない美味しさ(*^^*)
脂がのって、刺身も最高に旨い!なめろうだけで、芋のロックが何杯呑めるか(^^;

締めは、アジ丼。
アジの刺身となめろうに大葉をトッピングしていただきました。これも逸品(^^)v

魚料理を食べて思うこと。
釣りを趣味にしてて、ホントに良かった。

| | Comments (1)

オリオン号131020

オリオン号131020
またまたオリオン号で海へ!

まずは、サーべリング。しかし、さほど状況は良くないようで早々に青物へ。

こちらも期待薄のよう。ちょっと試しにサビキでアジでも。これが大正解!ひと流し毎にアタリがあり、よいお土産ができた。しかも、MAX35センチ。楽々尺越えのアジが連発(^^)v

再び、タチウオ探して大移動するも今一つ。タイラバに変えると、いきなりガツン!57センチの良型真鯛(^^) そして、間もなく・・・今度は、何とハモ(^^;

その後は、アタリなく終了。
さてさて、どうやって食べようかな(*^^*)

| | Comments (2)

我が家の食卓131016

我が家の食卓131016
今回は、真鯛のソテー、ネギソース。

①真鯛の切り身に塩をかけ5分程ねかせ、塩をふきとる。
②小麦粉をまぶして、オリーブオイルでソテー。
③ネギソースを作る。醤油、酒、砂糖を合わせて、ひと煮立ちさせた後、長ネギのみじん切りを加える。
④ソテーした真鯛にネギソースをかけて出来上がり。

簡単、美味しい料理(^^)v

| | Comments (0)

オリオン号131012

オリオン号131012
今回は、サーべリング、青物、タイラバと欲張り釣行。

まずは、サーべリング。日の出と共に2つ連発。しかし、後が続かず早々に青物へ。

ポッパー投げてナブラ撃ち。Y船長がハマチ1つゲットしたが、これまた後が続かずタイラバへ。

潮の加減か、アタリがない(-_-;)
しかし、次第にアタリが出てきた。しかし、しかし、のらない、のってもバレる。

少しして、活性が上がったのか、連発。そして、沈黙(^^;
またまた連発・・・終わってみれば、まずまずの釣果。

またまた海をじっくりしっかり楽しんだ。

| | Comments (2)

週末131006

週末131006
週末131006
週末131006
またまた週末に海を楽しんだ。
土曜日は、青物&タイラバ。
トップでハマチ1つキャッチ。ルアーに食い付く瞬間が見えるので楽しさ倍増!
しかし、この日はこの一本で終了。タイラバも不発で早上がり。
日曜日は、早朝からエギング。1つ釣ったところで、足元の岩にトコブシ発見。それからは釣りにならず、アオリイカも1つで終了。

午後から妻と仲良く?買い物。あっという間の2日間だった。

| | Comments (0)

« September 2013 | Main | November 2013 »